• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • “チャラ男”藤森、次の標的は「少女時代です!」

“チャラ男”藤森、次の標的は「少女時代です!」

 「あげぽよ〜!」などの決め台詞で、“チャラ男”として大ブレイク中のオリエンタルラジオ藤森慎吾。バラエティ番組などで、これまでにデートした芸能人や口説いた芸能\人の名前を実名で暴露するなど、身を削ったトークを展開する藤森にインタビューを敢行。次なるターゲットとなる芸能\人の名前を聞くと、「少女時代です! 絶対無理だろうという子が燃えます」と怪気炎をあげる藤森だが、インタビューを通じて、意外にも(!?)女性に真面目で芸に対してのストイックな一面も垣間見ることができた。

 藤森といえばバラエティ番組などで、自身が培ってきた合コンテクや、過去の女性遍歴を惜しげも無く披露し視聴者に衝撃を与えてきた。特に『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した際には“ピー音”付きながら、過去に関係のあった芸能人を次々と連呼し、“007”史上最高の放送回との呼び声も。「あの時は、この状況下でどうしたら笑いを生めるのかということを最優先で考えていましたね」と振り返る藤森だが、「周りからも『ムチャしたね』って言われたんですけど、自分では削ってもいい部分だったので。贅肉部分をそぎ落とした感じなんです」と、ギリギリでセーフだったことを冷静に分析する。

 “チャラ男”といえば、軽薄そうなイメージから嫌われる対象となる可能性が非常に高いものだが、藤森の場合、逆に好感度が上がっているのが特徴的。自身も現状については「僕も絶対嫌われていると思ってましたんで意外でしたね。ツイッターとかでも『元気になります』とか言われるんですけど、ホントかよ!? って(笑)」と、嬉しいながらも若干の戸惑いを感じている様子。“チャラ男”というキャラクターをしっかりと“芸”に昇華したことが支持された要因なのだろう。「(チャラ男キャラは)正直、笑いのプロからすればイタイわ〜って思うんですよね(笑)。でも、先輩から『お前がやるとアリだな』って言われて凄く嬉しかったですね」。

 キャラクターのイメージから、夜な夜な別の女性と遊び呆けているかと思いきや、意外にも現在は彼女もおらず仕事に追われる毎日だという。「実は女性とお付き合いしたのも3、4人なんで(笑)。今は彼女が出来て落ち着いちゃいけない時期。仕事へのモチベーションが落ちるのが怖いですから。楽しくお食事とお話が出来ればいいッス」と笑う藤森。「ピンとして再認識して頂けるのは嬉しいですし、相方(中田敦彦)も“雑学芸人”として脚光を浴びているのでコンビとしてもいいことだと思います。僕もピン芸人として、求められていることはある程度は理解しているので、需要があるのならしっかりと供給していきたいなと!」とストイックな一面を覗かせる。

 とはいえ藤森には、“チャラ男”としてハンターのように女性を追う姿に期待したいのもまた事実。現在、ターゲットに定めている芸能人について聞くと、「少女時代ですね! 絶対無理だろうという子が燃えます。振り向かないだろうなっていう女性を漠然と追いかける事で仕事も頑張れるんです!!」。近い将来、ワイドショーを賑わす新たなスキャンダルを提供してくれるかもしれない!?

関連写真

  • ORICON STYLEのインタビューに応じたオリエンタルラジオ・藤森慎吾 (C)ORICON DD inc.
  • ORICON STYLEのインタビューに応じたオリエンタルラジオ・藤森慎吾 (C)ORICON DD inc.
  • ORICON STYLEのインタビューに応じたオリエンタルラジオ・藤森慎吾 (C)ORICON DD inc.

オリコントピックス

 を検索