• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 芸能
  • 「シーブリーズ」CMで注目の池間夏海、ブレイク最前線女優の東京の“壁”「心を動かす女優になりたい」

「シーブリーズ」CMで注目の池間夏海、ブレイク最前線女優の東京の“壁”「心を動かす女優になりたい」

 昨年「シーブリーズ」のCMで一躍注目を集め、映画『ニセコイ』ヒロイン役や連続テレビ小説『なつぞら』出演など女優としての経験を積み重ねてきた池間夏海。この先も映画『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』(9月6日公開)出演のほか、(NHK BSプレミアム/9月11日22時〜)では初主演を務めるなど飛躍の時を迎えている。そんな池間のいまとこれからを聞いた。

「私はできる」と自信過剰だったときに上京して知った怖さ

 沖縄出身の池間は、2年前に上京した現在高校2年生の17歳。地元沖縄で映画などにも出演していたが、『斉藤さん2』(日本テレビ系/2013年)でテレビドラマに初出演。それをきっかけに女優の道をめざすことを決意し、東京に通いながらレッスンやオーディションを受けていたなか、「シーブリーズ」CMへの出演が決まり、中学卒業と同時に上京。本格的に芸能活動をスタートさせた。

 池間が一躍その名を世間に広く知らしめたのは「シーブリーズ」CM出演。過去には深田恭子や堀北真希、川島海荷、広瀬すずなどその後、飛躍を遂げてきた新鋭女優が数多く出演。新人ながら同イメージキャラクターに抜擢された池間は、テレビCMだけでなく、そのWEBドラマでも注目を集め、そのさわやかさとともに演技も印象づけた。そんな池間は、自身の芝居を数々の現場で学んできた“感覚で演じるタイプ”という。
 池間が昨年の上京とともに撮影に入ったのが、中条あやみとのダブルヒロイン役に抜擢された『ニセコイ』。そこでは、それまでに演じてきたときの楽しさとは異なる壁にもぶつかっていた。

「ただただ楽しく演じさせていただいていて、『私はできる』って自信過剰になっていました。それが上京してから“緊張”を覚えてガラッと変わったんです。大勢のスタッフに囲まれるなか、いままでにないくらい緊張して、冷や汗が出てきたり、食事がとれなくなったりして。お芝居は楽しいんですけど、怖い部分も知りました」

 それは、周囲からどう思われているのかを気にするようになったことであり、考え方が大人になったということ。池間は周囲から「緊張するのはいいこと」とアドバイスを受けたことで、安心することができ、気持ちの切り替えができていったという。

ドラマと映画で演じた、それぞれ新しい姿を見せる対象的な2役

 初主演作となった『ひなたの佐和ちゃん、波に乗る!』は、宮崎県・細島を舞台に、サーフィンとの出合いを通して自分の殻を破って成長する女子高生を描く青春ドラマ。池間は、方言、バンド、サーフィンの稽古を経て、1ヶ月半にわたる宮崎での撮影に臨んだ。

「はじめは方言のセリフに感情を乗せるのが難しかったのですが、撮影が進むにつれてアドリブでも宮崎弁が出るようになって、自然に方言で話せるようになりました。自分が細島になじんでいっているのが感じられて、演じているというか、自分が役の是澤佐和になれているような感覚でした。主演ということで気も引き締まり、いろいろ経験させていただき、たくさんのことを学ぶことができた貴重な現場でした」
 一方、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』は、エリートの集う高校を舞台に、相手を惚れさせ、相手から告白させようと謀略の限りを尽くす生徒たちの攻防を描く学園ラブコメディ。平野紫耀(King & Prince)が主人公の生徒会長役を演じ、池間はその同級生で可愛らしさのなかに黒い一面を持った女子高生役を怪演する。

「頭がよくて、勘も鋭い。私とは真逆のタイプです(笑)。原作マンガやアニメを観て勉強し、私なりにコピーしました。いままで観たことがない池間夏海になっています」

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年9月16日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年9月16日号

<COVER STORY>
橋本義賢氏(ブシロード代表取締役社長)
クイックジャッジと継続したIP運営が
IPディベロッパー体制の大きなメリットとなる

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート8月度
総売上195.2億円 3ヶ月ぶり前年比マイナス
アニメは前年同月比113.8%

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索