【YouTubeチャート】菅田将暉が楽曲5週連続1位 BTS、アーティスト4位へ上昇

 菅田将暉「まちがいさがし」が5週連続1位を獲得した。前週比12.3%減(359.8万再生)と落ちの少ない再生数で依然好調をキープしている。

 4月の公開からロングヒット中の「Pretender」を前週3位から2位へとワンランクアップさせたOfficial髭男dismは、新曲「宿命」が6位に初登場。TOP10内に2曲をランクインさせた。
「宿命」は、『2019ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソング』として書き下ろされた、Official髭男dismから高校球児へのポップで熱い応援ソング。7月8日より公開され、163.0万再生で初登場TOP10入り。夏本番の8月、甲子園開幕に向けて再生数を伸ばしていきそうだ。

■週間アーティストランキング
Official髭男dism、TOP3入り
世界ツアー日本公演成功、BTSは4位へ

 新曲「宿命」公開から過去曲の再生数も伸ばしているOfficial髭男dismが、前週比33.4%増の838.5万再生で前週5位から3位へランクアップ。TOP3入りするとともに、不動の2位・TWICEへ迫る勢いを見せている。
 4位には、前週6位から2ランクアップしたBTS。前週比46.2%増の787.1万再生と大きく再生数を伸ばした。BTSは、世界スタジアムツアーの日本公演をこの7月前半に大阪と静岡で実施し、約21万人を動員。

 楽曲ランキングでは、新曲「Lights」(7月2日公開)が112.7万再生で12位に初登場、「Boy With Luv(feat. Halsey)」(4月12日公開)が前週比32.4%増の90.3万再生で20位に再浮上。大盛況を呈したツアーの成功とともに、ランキングでも存在感を示している。

【ランキング説明】
『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。TOP100に52週以上ランクインした楽曲は殿堂入りとして、ランキングに入らなくなる。
※日本時間・毎週月曜日更新。

『アーティストランキング』※YouTubeで人気のアーティスト
「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新

提供元: コンフィデンス

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる