アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 【YouTubeチャート】米津玄師「Lemon」2億再生突破 TOP10内4作ランクイン

【YouTubeチャート】米津玄師「Lemon」2億再生突破 TOP10内4作ランクイン

 米津玄師の「Lemon」が累計2億再生を突破。YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」(集計期間:10月26日〜11月1日)今週再び1位に返り咲いた。10月28日より公開された新曲「TEENAGE RIOT」は、4位に初登場。そのほか「Flamingo」、「春雷」の計4作がTOP10にランクイン。米津玄師作品がランキングを席巻した。

米津玄師、「楽曲ランキング」2週連続1、2位独占

 米津玄師のニューシングル「Flamingo/TEENAGE RIOT」(10月31日発売)から、「TEENAGE RIOT」のMVが10月28日より公開され、360.4万再生で「楽曲ランキング」4位に初登場した。同作より1週前の10月20日より公開され、先週1位を獲得していた「Flamingo」も引き続き好調。週間526.9万再生で今週2位にランクインしている。

米津玄師「Flamingo」

米津玄師「TEENAGE RIOT」

 そして、今週1位を獲得したのは「Lemon」。2月26日の公開から、11月4日22時13分で累計再生が2億回を突破した。米津の2億超えは「打上花火」(DAOKO×米津玄師)を含め2作目となるが、米津玄師名義の曲としては初となる。「Lemon」の今週の週間再生は538.9万回で、前週比3.2%アップ。TOP100内登場回数は36回となったが、公開から約9ヶ月が経つ今も安定して週間500万前後の再生回数を記録している。

米津玄師「Lemon」

 なお、「春雷」(91.9万再生)も10位にランクインしており、米津作品がTOP10内に4作登場した。「アーティストランキング」では、2556.2万再生で2位以下を大きく引き離して1位をキープしている。
Steve Aokiと2度目コラボ、BTS初の全編英語詞楽曲

 世界最大のダンスレーベル・ULTRA MUSICを代表するトップDJ/プロデューサー・Steve Aokiの「Waste It On Me(feat. BTS)」の日本語字幕付リリックビデオが10月25日より公開され、72.9万再生で「楽曲ランキング」17位に初登場した。

Steve Aoki「Waste It On Me(feat. BTS)」

 同曲にはBTS(防弾少年団)が参加。17年にSteveが彼らの大ヒットシングル「MIC Drop」のリミックスを手がけたのに続き、2度目のコラボとなった。BTS(防弾少年団)にとって、初の全編英語詞のみで構成された楽曲になる。

YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」

YouTubeチャート「週間アーティストランキング」

【ランキング説明】
●『楽曲ランキング』:YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの日本国内での合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。

●『 アーティストランキング』:アーティストによる音楽関連動画全体の日本国内での合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。

※先週順位は100位圏内の順位を記載。初登場及び100位圏外からのランクイン作品は「-」と記載。※日本時間・毎週月曜日更新

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年1月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年1月21日号

<COVER STORY>
三浦文夫氏(関西大学 社会学部メディア専攻 教授)
「ラジオを中心とした
radikoプラットフォームの進化に向けて」

<SPECIAL ISSUE 1>
スタートアップとの連携が進む2019年
音楽業界が進むべき方向性
求めらる“テクノロジーA&R”視点からの未来図へのアプローチ

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート 12月度

<2019 Leader‘s Message>
プロダクション・音楽出版社・音楽配信サービス
各代表からの2019年新春メッセージ

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!