• ホーム
  • 芸能
  • 沢村一樹が語る“月9主演”の覚悟「批判は受け止めるが媚びない」

沢村一樹が語る“月9主演”の覚悟「批判は受け止めるが媚びない」

 フジテレビ系ドラマ『絶対零度』が7年ぶりに月9枠で復活。シーズン1では“未解決事件”を、シーズン2では“潜入捜査”をテーマに新米刑事(上戸彩)の活躍を描いてきたが、今作では主演に沢村一樹を迎え“未来に起こる犯罪を防ぐ”という革新的な物語を展開している。初回平均視聴率は10.6%で、同枠としては昨年7月期以来の2ケタ発進。また、昨日23日放送の第3話ではさらに上回り、自己最高の10.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど、好調を維持している。人気シリーズを受け継ぐ沢村に、本作への意気込み、月9ブランドやテレビ業界の今について、思っているところを聞いた。

視聴者の厳しい声は、ドラマを観てくれているから「むしろありがたい」

 危険人物が起こすかもしれない重大犯罪を阻止する“未然犯罪捜査チーム=ミハン”の活躍を描く『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』。スーパーコンピューター“ミハンシステム”が示すのは危険人物の名前だけで、「いつ」「どこで」「誰が」「なぜ」殺されようとしているのかは、潜入捜査で明かしていかなければならない。これまでにない月9ドラマの主演を51歳の沢村が担う。

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』7月30日放送の第4話より (C)フジテレビ

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』7月30日放送の第4話より (C)フジテレビ

「僕のなかで月9は恋愛ドラマのイメージが強かったので、恋愛ドラマがあまり得意ではないと考える僕に、なぜ月9主演の話が来たのか、最初は不思議でした。ですが、内容を聞くととてもチャレンジングな作品。スタッフの意気込みも強く感じたので、ぜひ一緒にこの作品に挑戦していきたいと思いました。『絶対零度』が人気シリーズだという部分も、特に意識せずに挑んでいます」
 初回の平均視聴率は10.6%で二桁発進。ネット上では「面白かった」「沢村一樹のドラマはハズれがない」など絶賛の声が相次いだ。だが一方で、「海外で観たことあるような内容」「華がない」など批判の声がないわけではない。だが沢村は厳しい声は「むしろありがたい」と話す。

「月9の主演は今回が初めてで、厳しい声が僕に向けられるのも覚悟しています。ですが面白いなと思うのは、痛烈な批判をしている方たちがちゃんとドラマを観てくれていること。これはありがたいことです。批判の声はすごく正直な面もあるので、しっかり受け止めようと思いつつ振り回されてはダメだという思いも。スタッフさん、そして僕ら俳優陣は、“とにかく面白いものを”と挑んでいます。そこの核は絶対にブレないほうが良いので、批判の声に媚びることなく作っていきたいです」

目指すのは月9ならではの刑事ドラマ 本作が業界全体の刺激になれば

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』7月30日放送の第4話より (C)フジテレビ

『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』7月30日放送の第4話より (C)フジテレビ

 そんな沢村が意識しているのは、“月9だからこそできる”刑事ドラマだ。
「月9というのは週の最初の日に観るドラマ。月曜に放送されるドラマには独特の雰囲気があり、週末のドラマとは対極にあります。実際、僕は今年に入って刑事ドラマはこれで4作目ですが、ほかの枠と比べて全く空気が違いますし、視聴者にしても、月曜から濃いものを観せられても胸焼けするでしょう。ですから僕は、お芝居をするなかで、3つぐらいの選択肢を準備しています。それを現場で相談し、どれぐらいの表現が一番良いのか、探りながら撮っています。佐藤祐市さんら監督陣からは思いもよらない言葉が返ってくることが多いので、それも面白い。俳優としては安心して身を委ねながら、いろいろな芝居が提案できています」

 ドラマの撮影をしながら、“時代の変化”も感じているという。
「例えば、月9といえば恋愛ドラマがイメージの1つにありますが、いまの時代、世間的にドラマの題材として求めていない視聴者が増えているかもしれない。また、日常のなかで恋愛よりも仕事の比重が大きくなっている視聴者もいるかもしれない。月9というより、ドラマ全体が変わってきている印象もあります。そんななかで、どんな作品を世に送ればいいのか…。月9に話を戻すと、いくつかの過去の月9に出演してきた身からすると、月9にはハイブランドの響きを感じています。今回主演させていただくので、月9ドラマで今の時代の視聴者の心を掴むにはどのような工夫が必要なのか、自分なりにその答えを見つけられたらと思います」

 最後にメッセージをもらった。

「この刑事ドラマは恋愛色がないし、日本ではまだ実在していないシステムを扱っているので従来の刑事ドラマの定石を踏襲できない難しさもあります。そんな挑戦的な作品ですので、それ自体がテレビ業界全体の刺激になったら嬉しいですし、本作がテレビドラマ全体のカンフル剤になるよう、しっかりと作っていけたらと思います」

文/衣輪晋一

(週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』7/30号より)
『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』
フジテレビ系 毎週月曜 21:00〜
出演: 沢村一樹、横山裕、本田翼、柄本時生、平田満、伊藤淳史、上戸彩(特別出演)ほか
(C)フジテレビ

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 18年8月13日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス18年8月13日号

<COVER STORY>
鈴木大地氏(スポーツ庁長官)
観客が競技会を楽しむには音楽は欠かせない要素。
スポーツと音楽は一体として考えるべきです

<SPECIAL ISSUE>
イベント開催時の「災害リスク」の考え方
「ORICON LIVE STUDY with ACPC」Vol.14

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!