• ホーム
  • 音楽
  • 天晴れ!原宿、アイドルらしくないメンバーが集まった新しいアイドル「1つにとらわれない」

天晴れ!原宿、アイドルらしくないメンバーが集まった新しいアイドル「1つにとらわれない」

 原宿でスカウトされたメンバーで結成され、“「原宿」のように「天晴れ!」なKAWAIIカルチャーを創造し、世界に発信していく”をコンセプトにする、天晴れ!原宿。昨年の『TOKYO IDOL FESTIVAL』での伝説となったステージで注目され、さらなる飛躍に向けて活動中のメンバーに、グループの今とこれからを聞いた。
天晴れ!原宿
2016年7月、『アイドル横丁夏まつり!!』でデビューした天晴れ!原宿。グループ名は、“まだ誰も見たことがない新しい「IDOL」、世界中のKAWAIIを取り入れ、独自のカルチャーを生み出していく「原宿」のように「天晴れ!」なKAWAIIカルチャーを創造し、世界に発信していく”というコンセプトを表している。

頭を振り乱して全力で踊るライブの一体感

――朝比奈れいちゃん、成実みくちゃん、東雲しのちゃん、中江さきちゃんの初期メンバー4名は、原宿でスカウトされたそうですね。
朝比奈はい。女優やモデルには興味があったのですが、アイドルはほとんど知らなくて最初は少し悩みましたが、入ってみて、今はすごく楽しいです。
東雲私も役者をやりたいと思っていたんですが、何も行動を起こしていなくて。スカウトされたとき、アイドルという職業はオールマイティだから自分の進みたい道にもいけると聞いて決めました。
成実私はモデルになりたかったんです。でも、大好きな原宿を拠点に活動するアイドルグループと聞いて、好きな原宿でできるならと思って入りました。
中江私はスカウトされたとき、1年半くらい所属していたアイドルグループを辞めた直後で、正直、今はいいやって思ったんです。でも、お芝居をやる夢を叶えたいし、もう一度がんばってみようと思って入りました。

――七瀬れあちゃん、永堀ゆめちゃん、藤宮めいちゃんは、今年1月の新メンバー募集オーディションで合格したそうですが、天晴れ!原宿(以下、天晴れ!)に入りたいと思ったきっかけは?
七瀬アイドルが好きで、『アイドル横丁夏まつり!!』で初めて天晴れ!を見て、どのグループより全力で圧巻のパフォーマンスに感動して、応援したいグループだなって思いました。自分がアイドルになりたいとは思っていなかったけど、その後、天晴れ!で私が好きだったメンバーが卒業してしまったので、私が入って、その子を超えるくらいがんばって、天晴れ!を盛り上げたいって思いました。
永堀3ヶ月くらい所属していたアイドルグループが解散してしまい、アイドルを続けたくてオーディションを受けました。天晴れ!は、名前を聞いたことがある程度だったので、オーディションを知って、YouTubeとかでいろいろ調べて、ライブでのファンとの一体感がすごくいいなと思いました。
藤宮私も天晴れ!の動画やツイッターを見て、ファンの人との一体感がすごいグループだなっていう印象を受けました。もともと、でんぱ組とか、ももクロが好きで、自分もファンの人を元気にするような存在になりたいと思っていたんですが、今、動画で見ていた一体感を自分自身がステージの上で感じられて、とっても楽しいです。

――ほかのアイドルグループに負けない自分たちの魅力って、どんなところだと思いますか?
成実ライブでは、お客さんが踊ることに夢中で、メンバーのことを見ていないくらい盛り上がっちゃうんです(笑)。私たちからしたら、自分たちのことをしっかり見てほしいけど、楽しんでくれているのはうれしいし、複雑です(笑)。そういう楽しみ方が天晴れ!なんだと思います。
七瀬盛り上がる曲から静かな曲までいろいろあるけど、ファンの方たちからは、“天晴れ!”って感じを全面に押し出した盛り上がる曲で、頭を振り乱して全力で踊っている私たちを見て、「元気が出る」って言ってもらえます。
朝比奈みんながマネしたくなるようなおもしろい振り付けがけっこうあって、曲も耳に残る良い曲ばかりなところだと思います。ファンのなかには、アイドルは好きじゃなかったけど、配信で聴いた曲がよくて天晴れ!のファンになったという人もいて、すごくうれしいです。

王道系アイドルがやらない振り付けなどアイドルっぽくなさで攻める

――「まだ誰も見たことがないIDOL」「独自のKAWAIIを創造する」ことをグループのテーマに掲げていますが、具体的には、どんなアイドルを目指していますか?
朝比奈王道系アイドルだったら、カワイイ振り付けで踊ると思いますが、私たちは、ガニ股やお相撲さんみたいな振り付けもあるし、アイドルっぽくないところがいいところだと思うので、そこをもっと出していけたらなって思います。
成実メンバー全員、ちょっとどこかおかしいところがあったり、ただカワイイだけじゃないので、アイドルらしくないメンバーが集まったからこそ、新しいアイドルグループになれるんじゃないかと思っています。
中江アイドルグループって王道派、カッコいい系、音楽系いろいろあると思うんですけど、天晴れ!は1つのものにとらわれていないのがいいところだと思っています。だから私は、どういう系?って聞かれたとき、天晴れ系って答えています。

――6月27日には、新体制になって初のダブルA面シングル『パレリラパレリラ/センチメンタルプリズム』をリリースしました。どんな曲ですか?
朝比奈曲調も歌詞も振りつけも、“アッパレ!”って感じで、元気と勇気がもらえる曲です。メンバーが7人になったので、今までよりパワーアップした天晴れ!を見てもらえると思います。
成実“ちゅーちゅーちゅー”っていう歌詞から始まるので、最初のつかみから興味を持ってもらえると思います。あと、曲がアップテンポですごい早口なので、ライブで聴いても、正直、歌詞がわからないかも。でも、すごくいい歌詞なので、歌詞カードを見ながらCDでも聴いてほしいです。
東雲MVでは衣装を変えて、原宿のいろいろな場所で撮影していて、滅茶苦茶カワイくとれているので、ぜひ見てほしいです!

――昨年は香港でのライブイベントにも参加するなど、世界に発信していくことも目指していますが、最後に今後の抱負を聞かせてください。
朝比奈ライブでは、スマホ撮影OKにしていて、撮った動画や写真は#appare kawaiiで拡散してもらうことをお願いしているので、SNSを通じて、世界中のいろいろな人に知ってもらえたらなって思っています。あと、赤坂ブリッツでワンマンライブをやったのですが、もっと大きい会場にファンのみんなを連れて行きたいです!
成実デビューしたときは未経験のメンバーが多くて、今思い返すとけっこうヤバいなっていうパフォーマンスをしていたんですが(笑)、最初から完璧じゃなかったぶん、ファンの人にはどんどん成長していく姿を一緒に見ていってもらいたいなって思ってます。
東雲ファンの人が推していて後悔しないような存在になりたいです。
七瀬個人の活動をすることでグループの知名度をあげられると思うので、それもできたらいいなって思ってます。
(文:河上いつ子)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年7月9日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年7月9日号

<COVER STORY>
小野朗氏(ビクターエンタテインメント 制作本部 スピードスターレコーズ レーベル長/タイシタレーベル レーベル長)
第一に優先すべきはアーティストの意志と作品
その時々の彼らの状況を理解し、一緒に最適解を導き出す

<SPECIAL ISSUE>
障がい者・高齢者4000万人時代のライブ運営
ORICON LIVE STUDY with ACPC Vol.13

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!