アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 新CEOが語る、ドリームワークス作品3つの強みと映画配信への見解

新CEOが語る、ドリームワークス作品3つの強みと映画配信への見解

16年4月からユニバーサルグループ傘下となり新たなスタートを切ったドリームワークス・アニメーション。ワーナー・ブラザースから移籍し、CEOを務めるクリストファー・デファリア氏に、新体制で挑む新たなスタートと、ハリウッドと日本アニメについて聞いた。

アニメの伝統と歴史のある日本で成功することが重要

  • クリストファー・デファリア氏/ドリームワークス・アニメーションCEO

    クリストファー・デファリア氏/ドリームワークス・アニメーションCEO

 過去には『シュレック』や『マダガスカル』シリーズなど、数々の人気作を送り出していたドリームワークスだが、12年の『マダガスカル3』以降、一部を除いて日本での劇場公開はほぼない状況だった。しかし、一昨年よりユニバーサル傘下に入ったことで、日本では東宝東和が配給になり、『ボス・ベイビー』は約6年ぶりに日本で劇場公開されるドリームワークス作品となった。

 過去にワーナー・ブラザースで『ハッピー フィート』などの製作総指揮を手がけてきたデファリア氏は、昨今の中国市場が急拡大を遂げるなかでも、アジアにおいて日本映画シーンを重要視している。

「日本マーケットは非常に重要です。数字的な面はもちろんですが、とくにアニメにおいては、和製アニメの伝統と歴史がある国で、私たちが作った作品が受け入れられるかどうか。そこで成功を収めることが重要なポイントになります」

 デファリア氏によると、スタジオジブリに代表される日本アニメは、ハリウッドスタジオのアニメとは表現そのものが異なり、観客を奪い合うような競合にはならないという。

「たとえば宮崎駿監督や高畑勲監督の作品は、アメリカでも大規模公開され、ファンも多いのですが、こうした日本の伝統的なアニメは、同じジャンルでの勝負にはならないんです。(元スタジオジブリの米林宏昌監督作である)『メアリと魔女の花』も、もうすぐ全米公開されるのですが期待値は高い。私自身もとても楽しみにしています」

ドリームワークス作品の強みとなる3つの特徴

 ドリームワークスをはじめ、巨大帝国ディズニー/ピクサー、近年勢いを増すイルミネーションスタジオなど、アメリカにおいてもアニメシーンは群雄割拠のメジャースタジオがひしめく状況だ。そんななか「我々が特別な存在でいられるのは3つの強みがあるから」と特徴を挙げる。

 1つ目は「制作に時間をじっくりかけて、複雑かつ見た目にも美しいディテールにこだわった世界観を作ること」、2つ目は「独創的で魅力的なキャラクターを作ること」、そして3つ目は「世界観とキャラクターをしっかりと結びつけた、楽しくてだれもが共感できる痛快なストーリーを作りだすこと」とデファリア氏は説明する。それは、新作『ボス・ベイビー』が全世界で540億円を超えるヒットになっている要因にそのまま当てはまる。

 こうした王道とも言えるドリームワークスの伝統的な理念を引き継ぎながら、新たな改革にも取り組むという。「我々は、作品の企画から最終的な仕上げまで、すべてを自社スタジオで自社社員が行っているのですが、これはコストが非常にかかります。基本的にはこのやり方を継続しつつ、ビジネス的な改善には着手しようと思っています。また、現在は多方面にわたるビジネスを手がけていますが、純粋なアニメーションスタジオに一本化し、良質な長編映画を作ることに最注力していきます」とアニメ制作会社としての筋肉質な体制作りを宣言する。

 ネット動画配信の拡大、メジャースタジオ同士の買収など、米映画界はまさにいま、業界全体に大きな変化の波が訪れている。そんななかでドリームワークスはどこに向かっていくのだろうか。

「ストリーミング配信が映画の一般的な視聴方法になりつつあるのは事実で、我々も重要視しています。やはり好きな時間に好きな場所で視聴できるという選択肢の幅は魅力的でしょう。ただ、ドリームワークスが今後どうするかは、コムキャストグループとしての方針に沿ってということになります。個人的には大きなスクリーンで観てこそ映画の魅力は伝わると思っています。いま言えるのは、ドリームワークスはこれからも映画館のスクリーンで観たいと思わせるような作品を作っていくということです」と力強く語った。
(文:磯部正和)
クリストファー・デファリア氏
ドリームワークス・アニメーションCEO
米ワーナー・ブラザースの重役として『ゼロ・グラビティ』『マッドマックス 怒りのデス・ロード』など世界的大ヒット作の製作総指揮を務める。2017年、ドリームワークスCEOに就任。同年に『トロールズ』『ボス・ベイビー』を全米でヒットさせている。

『ボス・ベイビー』

 パパとママ、7歳のティムの3人家族のもとにやってきたのは、黒いスーツに白いシャツ、ネクタイをビシッと締め、チャキチャキと歩く赤ちゃん“ボス・ベイビー”。弟として迎えいれられた彼は普通じゃない。見た目は赤ちゃん、中身はおっさんだったのだ!

監督:トム・マクグラス
キャスト:アレック・ボールドウィン、マイルズ・バクシ、ジミー・キンメル、リサ・クドロー、スティーブ・ブシェミほか
吹き替えキャスト:ムロツヨシ、芳根京子、宮野真守、乙葉、石田明(NON STYLE)、山寺宏一ほか
全国公開中
【公式サイト】(外部サイト)
(C) 2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月5日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月5日号

<COVER STORY>
奥田民生(アーティスト)
アーティストの権利を守るのは大事なこと
一方で、フットワークの軽さや面白さも必要

<SPECIAL ISSUE>
音楽意識調査レポートでセグメント
ライフスタイル別デジタルコンテンツ接触調査

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!