• ホーム
  • 音楽
  • 【LINE MUSICランキング】E-girls初のバラードが1位に初登場

【LINE MUSICランキング】E-girls初のバラードが1位に初登場

 定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」内での週間ランキング「Weekly SONGS Top25」。今週は、E-girls 初のバラード・シングル「あいしてると言ってよかった」が「Weekly SONGS」で首位を獲得。BGMランキングでも2位にランクインした。

 また、EXILE の再始動1作目となる新曲「PARTY ALL NIGHT〜 STAR OF WISH 〜」が「WeeklySONGS」で2位、BGMランキングで1位を獲得。E-girls とEXILEがそれぞれ1位、2位を分け合うかたちとなった。

 EXILEに関しては、SNS上でも再始動を喜ぶ声が数多く見られ、LINE MUSIC ではBGM 設定することで喜びを共有する、というファンの行動が多かったように思われる。

 1月31日に訃報が報じられたETKINGメンバーのいときんを偲ぶように「ギフト」「愛しい人へ」が多くのユーザーに試聴された。アルバムランキングでもベストアルバム「ET-KING BEST」が2位となった。

 このほか、SEKAI NO OWARIの7ヶ月ぶりとなるニューシングル「サザンカ」が4位に初登場している。

■TV出演でCamila Cabelloのランキングが上昇
テレビ朝日系『ミュージックステーション』、日本テレビ系『スッキリ』に出演し歌唱を披露。放送後1時間毎集計のリアルタイムランキング(Songs)でランキングを上昇させ、1位を獲得。BGMランキングでも3位にランクインした。

■『Mステ』出演したTWICEも歌唱曲「Candy Pop」が人気
2月2日よりLINE MUSIC内でシングルパッケージを購入するとTWICEオリジナルLINEスタンプがもらえる施策を実施中。このキャンペーンも奏功して、新曲への関心もさらに高まり、「Weekly SONGS」で6位(パッケージ配信分)、11位(先行配信分)を獲得。BGMランキングでも5位(パッケージ配信分)、15位(先行配信分)にランクインしている。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月17日号

<COVER STORY>
美藤宏一郎氏(エムアップ 代表取締役)
私たちは目標を持つ会社。
達成すべき目標を粛々と実現していくことが使命

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート8月度
「音楽」ジャンルが急伸長 映像作品市場を検証

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!