アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 振付師が明かす総勢400名の銀行員が踊った“みずほダンス”の裏側

振付師が明かす総勢400名の銀行員が踊った“みずほダンス”の裏側

 昨年10月にポルカドットスティングレイとみずほフィナンシャルグループのコラボムービーが公開され、総勢400名の銀行員が踊った「みずほダンス」が話題となった。そのダンスの振り付けを手がけたのは、Geisha Crewのリーダーを務めるNANOI。アニメーションダンスを軸に活動するNANOIのダンスは、ユニークな動きと高いインパクトが特徴。ラップユニットやバンドなど、ダンスに馴染みがなさそうなアーティストの作品に個性派ダンスを盛り込み、視覚的なインパクトと楽曲の世界観をうまく伝えている。個性的なコレオグラファーとして注目されるNANOIに、創作への工夫を聞いた。

総勢400名の銀行員が踊ったみずほダンスができるまで

 学生合唱団に扮した総勢30名のダンサーが、メンバーのバックでキレのあるダンスパフォーマンスを披露するCharisma.comの「イイナヅケブルー」のミュージックビデオ(MV)。このインパクト大な映像の振り付けを手がけたのが、アニメーションスタイルのダンスチーム・Geisha Crewを率いるNANOIだ。
「振付師としてMVに関わったのは「イイナヅケブルー」が初めてでしたが、あのMVをご覧になってオファーされるケースは多いですね。ああいう面白くて変わった振り付けで、大勢を動かせる人はなかなかいないからと。フレデリックさんの「オンリーワンダー」では、40名以上のダンサーが登場しています」

 さらに昨年10月から公開中のポルカドットスティングレイとみずほフィナンシャルグループのコラボムービー「みずほダンス」では、総勢400名が彼女の振りで見事なシンクロダンスを披露している。しかも登場する全員が全国で働く行員たちだ。
「撮影は約3ヶ月、全国を回って行いました。事前に曲と振り付けが入った映像をお渡ししていたんですが、ダンス経験がない方がほとんどだとわかっていたので、歌詞の部分を動きの替え歌にしたんです。ダンスに慣れてない方がカウントで踊るのはなかなか難しいんですが、これはすごくわかりやすかったと好評でしたね」

 とはいえ、400人もいればモチベーションもさまざま。練習も日々の業務の合間を縫ってのことなので、ダンスのスキルにも差がありそうだ。
「そこも想定していたので、その場で1〜2時間ほど練習をしました。ダンス講師を10年ほどしていたので、大勢に教えるのは慣れています」

見た目に面白い要素を抽出してインパクトを演出する

 NANOI自身の明るいキャラクターも全員の心を1つにするのに大いに活かされたようだ。
「いい作品を作るために何より大事なのは、現場の雰囲気。演者さんの気持ちを持ち上げるのも自分の役割だと思いますし、撮影の間はカメラさんの後ろで自分も一緒に全力で踊ったり、歌ったりしていることが多いですね(笑)」
 ジャズ、モダン、HIP HOPを経由した後に現在はアニメーションダンスを軸に活動を展開しているNANOI。同ジャンルはロボットのような動きが特徴で、それが不思議かつユニークな雰囲気を醸し出す。
「本格的にアニメーションダンスをやろうと思ったら、かなりのスキルを積む必要があります。なのでダンサーではない方に振り付けする場合は、あくまで見た目に面白い要素を抽出してインパクトを持たせるように作っています。それでもやっぱり、振り入れにどのくらい時間が取れるかはすごく気になりますね。それによって難易度を逆算しますので。それから事前の情報はできるだけ欲しいです。衣装、撮影のロケーション、NGな動きなど。私はおしゃべりなので、ガンガン自分から質問しちゃうんですけど(笑)」

 一方で最近では、NANOIの振り付けありきでMVのロケーションや衣装などが決まった仕事も経験している。NANOIの個性的かつ作家性の高い振り付けが、クリエイション全体のカラーを方向付けたケースと言えるだろう。

 さて、台湾のバンド・宇宙人へ振りを提供するなど振付師としての活躍もますます広がっているが、NANOIにはGeisha Crewのリーダーというパフォーマーの側面もある。昨年はダンスコンテスト『Body Rock 2017』世界大会で3位に入賞。さらに今年3月からはアメリカの有名テレビ番組への出演も決定した。
「Geisha Crewは芸で世界中の方を楽しませることを目指して結成したチームです。メンバーは私の友人や後輩のほか、ダンス講師として教えていた子たち。みんな技術もプロ意識も高いので、私の振り付けでダンサーが求められた場合にブッキングすることもあります。みんなでコミュニケーションしながら、作品を作るのが大好きなんです。それはMVも同じ。みなさん時間がない中ですが、監督さんとも制作さんとも衣装さんとも、もちろんアーティストさんとも、ぜひたくさん会話をしたいです」

(文:児玉澄子)

NANOI プロフィール

NANOI(なのい)
アニメーションダンスチーム「タイムマシーン」の元メンバーとして国内外のコンテストで結果を残し、メディア等出演。現在は個人で活動するほか、アニメーションダンスチーム「Geisha Crew」の活動も行う。これまでCharisma.com、フレデリック、ポルカドットスティングレイ、Janet Jackson(「バーンイットアップ」日本独自MV)などのほか、台湾のバンド・宇宙人(Cosmos People)も手がける。受賞暦は、米「VIBE Dance Competition」準優勝、「Asia’s Got Talent」ゴールデンブザー獲得、「VIBE JAPAN」優勝など。

Geisha Crew オフィシャルサイト(外部サイト)

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年12月17日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年12月17日号

<COVER STORY>
玉井健二氏(音楽プロデューサー/agehasprings 代表取締役CEO)
「理想は“球体”。さまざまな業種の人たちと
全方位でパートナーシップを組める会社に」

<SPECIAL ISSUE 1>
平成を彩ったアーティストや楽曲たち
オリコンランキングに見る“平成30年”

<SPECIAL ISSUE 2>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート11月度

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!