アニメ&ゲーム カテゴリ

【ディズニー連載】データベース構築を現地取材 「受け継がれるDNA」と「支えるシステム」

ARLのデータベース構築&GEMSの概要イラスト

貴重なアートワーク保管施設の危機管理は?

ARL リサーチマネージャー フォックス・カーニー氏
 ARLでは、あらゆることからアーカイブを守る準備をしています。たとえば、ヴォルト(保管室)の書庫の棚には、屋根から水漏れがあったとき、すぐにプラスチックのカバーをかぶせるシステムを整えています。また、大容量の発電機を施設内に備えており、もし停電が起こっても、数日間はヴォルトを適切な温度、湿度に保つことができます。
 昔は、スタジオのビルの地下にライブラリーがあり、現在のように手厚く保管されていない時期がありました。カビが生えたアートを隔離して、手作業で洗ったこともあります。いまでは、いつどんなことが起きても、常にスタッフ全員で対処できるシステムと体制が整っています。
ARLには、厳重なセキュリティで管理されている11のヴォルト(保管室)があり、マケットやパペット、彫刻など立体コンセプトアートを管理する部屋や、貴重なオリジナルのペーパーアートワークを保存する部屋などにわかれている(各ヴォルトは常に室温15.6℃、湿度50%に保たれている)。クリエイターたちはここにくればいつでも時間を遡ることができる。ただし、セル画は1950年以降のものを保存。それ以前は破棄していたという。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2019年10月21日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2019年10月21日号

<COVER STORY>
安藤裕康氏(東京国際映画祭 チェアマン)
共同製作の時代における東京国際映画祭の役割
「映画というメデイアを通じて交流の輪を広げる」

<SPECIAL ISSUE>
音楽・映像・書籍
月間マーケットレポート9月度
総売上202.5億円 前月に続き前年比マイナス

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索