ドラマ&映画 カテゴリ
ORICON NEWS

竹内涼真×玉城ティナ×溝端淳平、『君と世界が終わる日に』で新境地に

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

 ゴーレムと呼ばれるゾンビが蔓延る“終末世界”を舞台に、竹内涼真演じる主人公・間宮響と仲間たちが生き残りを懸けた闘いに身を投じる、極限のゾンビサバイバル『君と世界が終わる日に』(略称:きみセカ)。クライマックスに向けたファイナル・プロジェクトとして、19日に日本テレビ系日ドラ枠にて完全新作1時間スペシャルが放送された直後から、動画配信サービス「Hulu」にてSeason4の独占配信がスタート。そして、映画化も決定している。Season1から主演を務める竹内、Season4の新キャストである玉城ティナ、溝端淳平に話を聞いた。

『君と世界が終わる日に』Season4より(C)HJ ホールディングス

『君と世界が終わる日に』Season4より(C)HJ ホールディングス

Huluにて2023年3月19日よりSeason4独占配信(以降、毎週日曜新エピソード更新/全5話)
――竹内さんはこのファイナル・プロジェクトをどこまで予想していましたか?

竹内いつか映画化したいね、という話をしたことはありましたが、まさか本当に実現するとは思っていなかったのでうれしいです。頑張ってきたご褒美をいただいた気持ちです。

――Season3で共に闘った多くの仲間と最愛の人を亡くし、愛しい我が子・ミライまでもが奪われてしまった間宮響が新たに出会うのが、玉城さんが演じる新山財団会長の娘、新山明日葉と、溝端さんが演じる新山財団幹部の加州宗一。『きみセカ』ワールドの一員になっていかがですか?

玉城ゾンビサバイバルらしい、主人公が新たな生存者グループと出会う展開で、重要な役で加えていただいて、すごくうれしかったです。長く続いている「きみセカ」チームに飛び込んでいくことに不安もありましたが、撮影が始まったらそんな事は吹き飛んでしまうくらい、毎日劇中では生きるか死ぬか本気でギリギリの戦いをしています。

溝端僕も撮影に入る前はプレッシャーや不安がありました。クランクインの前に、竹内さんの提案でキャストを集めた全体の本読みをしていただいて、すごく助かりました。

竹内今回、レギュラーキャストが39人いると聞き、作品のためにも1回、本読みで集まって、僕ははやく皆さんに会って、コミュニケーションをとりたい一心でした。

 溝端さんとは本読みでご挨拶させていただいたのですが、「高校時代からドラマでよく観ていて、溝端さんの髪型を真似していました」と打ち明けました。美容院でヘアカタログに載っていた溝端さんの写真を見せて「この髪型にしたいんです」って。

溝端竹内さんとはほぼ初対面でしたが、不意にそんなことを言われて、それでもう心をつかまれました。すごくうれしかったです。バイタリティーにあふれていて、エネルギーがどんどん周りに伝染していく、漫画の主人公のような人だなと感じました。

竹内溝端さんが率先して現場でアイデアを出してくださるので、僕も熱量が上がるんです。

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

――それぞれの役をどのように演じていますか?

竹内Season3で全てを失った響は、悲しみの果てに、これまでとは別人みたいになっています。これまでも自分がやっていることは正しいと信じて行動し、いろんな困難をくぐり抜けてきました。しかし、愛を奪われ人を信じることを止めた響は、力ずくで自分の目的を果たそうとします。今までと違う生き方を、選ぶことで見えてくる世界はどういうものなのか、明日葉や加州との出会いや交流が響にどんな影響を与えるのか、どんな形で映画につながっていくのかがSeason4の響の見どころだと思います。これまでとは違うアプローチで振り切っていけば、新しい世界が見えてくるのかな、と自分でも楽しみです。

玉城ここまで生き抜いてきた人たちには、自分の正義や、自分なりの生き抜く術みたいなものを信じてないと、ここまで生き残れない世界だと思うんです。その中でも明日葉は純粋に人を助けたいっていう気持ちで生きていて、こんな人がいるっていうこと自体が私にとっては救いでもあったので、そこは視聴者の方にもそのままの感覚を届けられたらいいなと思って演じてます。

 明日葉の強さや、優しさも、一つではなくて、響との出会いによって影響される部分もたくさんあって、響に対する時と、加州に対する時とでちょっとした違いが生じていきます。私にとって、明日葉という役はこれまで演じたことがなかったような役なので、初心に返った気持ちで演じています。

溝端僕もデビュー当時に戻ったような気持ちでチャレンジしています。16年ぐらい俳優をやってきましたが、最初アイドル的なデビューだったこともあり、野球をやったことがない人が甲子園のマウンドに上がっちゃったみたいな感覚でした。大人の顔色うかがって、自分は何もできないのにどうしよう、という日々を過ごしていた中、蜷川幸雄さんとの出会いが生まれ変わるきっかけになりました。

 これまで明るくて快活なキャラクターを演じることが多かったんですが、最近は自分でも想像してなかった役をいただけるようになりました。一つは大河ドラマ『どうする家康』の今川氏真、そしてこの『きみセカ』の加州です。加州はこんな終末世界ですごく感情を抑制している人。彼をそうさせる何かが過去にあるんです。ぐっとこらえるシーンが多く、影があって色っぽく演じてほしいと言われた時は、色気がないと10代の頃から言われ続けてきているんだけどな、って思いながらも、チャレンジする機会をいただけてうれしかったです。誰かに「お前、こっちもいけるよ」と導かれているような気がして、これからが楽しみでしょうがないです。

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

(左から)溝端淳平、竹内涼真、玉城ティナ(撮影:吉原朱美)(C)ORICON NewS inc.

――竹内さんにとって『君と世界が終わる日に』はどのような作品ですか?

竹内おのずと大きな存在になっています。この2、3年で僕もいろいろ勉強させていただきましたし、うまくいかなかったこともありましたが、自分なりに修正して全力で挑むことが出来ました。自分にとっては答え合わせをして、また一つ成長するきっかけをくれる作品です。

『君と世界が終わる日に』Season4より(C)HJ ホールディングス

『君と世界が終わる日に』Season4より(C)HJ ホールディングス

Season4 あらすじ

『君と世界が終わる日に』Season4(C)HJ ホールディングス

『君と世界が終わる日に』Season4(C)HJ ホールディングス

ゴーレムに占拠された終末世界。とある刑務所を拠点とするコミュニティがあった。
そのグループのリーダーは、経済界を牽引していた新山財団会長の娘・新山明日葉(玉城ティナ)。
そして彼女を支える元財団幹部の従者・加州宗一(溝端淳平)ら財団グループのコミュニティ。
一方で、その刑務所には、ゴーレムウィルスが蔓延する以前から収監されていた囚人たちも同居するという緊張状態が続いていた。下村海斗(前田公輝)、海斗の兄・陸斗(姜暢雄)の兄弟を中心とした極悪非道な犯罪者たちは明日葉たちの隙をうかがっている様子で――。

そこに現れた、間宮響(竹内涼真)。
最愛の人・来美(中条あやみ)を亡くし、愛しい娘・ミライを奪われた彼は、ミライを探して旅を続けていた。かつての仲間・柊木佳奈恵(飯豊まりえ)と再会するが、そこには、佳奈恵が知る響ではなく、別人のように変わってしまった彼の姿があった。

そんな中、ミライにつながるヒントを手に入れる響。――それは<ユートピア>と呼ばれる場所。
ゴーレムもいない、食料も豊富に揃っていて、文明が今も続く理想郷――。そこに、ミライがいるかもしれないという。
しかし、<ユートピア>に入るには人数制限という条件があると知る。
そんな時、それまで抑制されていた囚人たちが脱獄、<ユートピア>への権利を巡り、明日葉たち財団グループとの血で血を洗う壮絶な生き残りを懸けたバトルロイヤルが始まってしまう――。
響は、ミライを取り戻すため<ユートピア>にたどり着けるのか? 果たして彼の運命は――!?

Season4 キャスト

竹内涼真(間宮響・役) 玉城ティナ(新山明日葉・役) 飯豊まりえ(柊木佳奈恵・役)
前田公輝(下村海斗・役) 佐野ひなこ(野坂ゆら・役) 弓削智久(内海純・役)遠藤雄弥(泉浩紀・役)
鈴木たまよ(柳川桃子・役) 岩戸秀年(畠山正明・役) 大西利空(新山大地・役) 姜暢雄(下村陸斗・役)
柾木玲弥(仁志ワタル・役) 野村祐希(大熊秀彦・役) 守屋茜(小高ルカ・役) 橋本じゅん(折田幹夫・役)桜井日奈子(宮木伊織・役) 徳重聡(日浦健太・役) 溝端淳平(加州宗一・役)ほか
■番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/kimiseka/
■Twitter:@kimiseka_ntv
■Instagram:@kimiseka_ntv
■TikTok:@kimiseka_hulu
番組公式ハッシュタグ:「#君と世界が終わる日に」

あなたにおすすめの記事

>

メニューを閉じる

 を検索