NCT 127、1年半ぶりカムバックへの思い「少しでも活力になれるよう」 日本のシズニへメッセージ

 多国籍ダンス&ボーカルグループ・NCT 127が3枚目のフルアルバム『Sticker』を17日に韓国で発売した。約1年半ぶりのカムバックとなる同作。ORICON NEWSでは、メールインタビューを実施。彼らに、さまざまな思いを聞いた。

1年半ぶりカムバック 「Sticker」MV撮影秘話も明かす

――3枚目となるフルアルバム『Sticker』はNCT 127として約1年半ぶりのカムバックとなりますが、率直な気持ちをお聞かせください。
【テヨン】とてもドキドキしています。たくさん準備してきましたので、失敗やケガがないようにしたいですし、ファンの皆さんに早くお会いしたいです。

――タイトル曲「Sticker」の聴きどころ&パフォーマンスの見どころを教えてください。
【マーク】タイトル曲「Sticker」はパフォーマンスの見どころがたくさんあるのですが、一番注目していただきたいのは、イントロの部分です。初めてそのイントロの部分の振り付けを見た時からとても印象的でした。笛とベースの音で始まるこの曲が、かっこいい振り付けで表現されていて、ぞくっとしました。

NCT 127 'Sticker' Comeback Stage

――タイトル曲「Sticker」のMVの見どころ&撮影中のエピソードがあれば。
【ドヨン】カウボーイスタイルのコンセプトがMVの要チェックポイントです! 撮影中、そのコンセプトに没頭し、小道具のピストルを一生懸命回してました(笑)。

NCT 127 'Sticker' MV

――Sticker Ver.やSeoul City Ver.など、さまざまなティザーフォトを公開されましたが、ご自身のお気に入りカットを教えてください。
【テイル】Seoul City Ver.が好きです。写真に都市の感性がうまく表現されたと思います。

【ジャニー】Seoul City Ver.が好きです! 都市の夜景がよく表現されていて気に入っています。

【テヨン】Seoul City Ver.が気に入っています。ソウルってこんなにきれいだったんだ!と、改めて、新鮮に感じられました。僕が少しかっこよく写っている気がして余計にそんな気がしました(笑)。
【ユウタ】Seoul City Ver.です! ソウルの夜景だったのですが、不思議と日本の夜景のようにも感じられて、親しみを感じられました!

【ドヨン】Seoul City Ver.です。ソウルが盛り込まれていて、ソウルの夜景も僕たちととても似合っているような気がします。

【ジェヒョン】個人的に大好きな「夜景」をバックに撮影できてとてもうれしかったです!
【ジョンウ】僕はSticky Ver.が好きです! 全体的な雰囲気とコンセプトがファンタジックで、それがポイントだと思います! ゼリーをくわえている姿が何より致命的にかっこいいと思っています!(笑)

NCT 127 : Sticky Mood Sampler

【マーク】Seoul City Ver.は僕たちNCT 127がもっともすてきに表現されているんじゃないかな、と思います。僕たちはソウルを基点に羽ばたいていく、という抱負と意味を持つグループで、そのうえでSeoul City Ver.を撮影したということは、ものすごく僕たちに似合う背景だったのではないかと思います。

【ヘチャン】Seoul City Ver.のシックな都市の感性がとても好きです。

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

メニューを閉じる

 を検索