• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • 自粛生活で「パラパラ」に注目、元“ヤマンバギャル”が目指すブーム再燃

自粛生活で「パラパラ」に注目、元“ヤマンバギャル”が目指すブーム再燃

 緊急事態宣言が一部解除となっても、いまだ外出自粛を求められ、運動不足になる人も多数。そんな中、一部で注目を浴びているのがパラパラだ。80年代後半頃から流行し、何度かブームを生んだこのダンスを、家の中で親子で踊って運動不足を解消しているという。2000年前後の第3次ブームのとき、カリスマ的ギャルのひとり“ルミリンゴ”として活躍したRumiさんは、YouTube動画などで今回の流れをけん引している。彼女が考える現状、パラパラの今後とは?

『ノンストップ!』にも出演、『第5次パラパラブーム』のけん引者に?

 Rumiさんは、人気ギャル雑誌『egg』のモデルとして16歳でデビュー。“ルミリンゴ”という愛称で、多くの若者から支持を集めていた。エイベックス専属のパラパラダンサーとしても活躍し、数々のDVDやイベントに出演。その後はモデル、タレント業に勤しみながら、一人娘を育てるママの顔もある。先日、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演し、『第5次パラパラブーム』のけん引者として紹介された。

――先日『ノンストップ!』で、家で親子でパラパラを踊る人が増加したことが取り上げられました。Rumiさんもレクチャーをされていましたが、反響はいかがでしたか?

【Rumiさん】想像以上に長く放送していただき、とても反響が大きかったです。私のTikTok、YouTubeの動画再生数、登録者数も増えました。「ノンストップ、観ました」というコメントもたくさんいただきました。

――以前から『第5次パラパラブーム』を起こしたいと考えていたんですよね。

【Rumiさん】第4次ブームが終わってから10年以上経っているので、「そろそろ次のブームを起こしたい」と思うようになりました。2年ほど前からイベントをやったり、新しい曲や振りを作ってもらい、踊った動画をインスタに乗せたりしていたんです。バズったものは14万回ほど再生され、「待ってました」という声もいただきました。最初は不安もありましたが、「まだパラパラやってんの?」と言われても気にせず、恥じらいを捨ててブームを背負って行こうと考えましたね。ただ、これから本腰を入れていこうとした矢先にコロナ騒動が起こってしまい、予定していたイベントなども中止になってしまいました。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索