アニメ&ゲーム カテゴリ

「いいよカードの発想はなかった」プロポーズの受け答えで逆サプライズをしかけた女性の漫画にほっこり

「これってプロポーズされる?」と思わず勘づいてしまったとき、どんな対応を取ったらおもしろいだろうか? 考えに考え抜いて“逆サプライズ”をしかけてしまった…という漫画が Twitterで話題を集めている。作者は、夫婦の何気ない日常を漫画にして反響を集めているusaoさん。このエピソードを漫画に描こうと思ったきっかけや当時の心境などについて話を聞いた。

「え?プロポーズ?」 つい聞いてしまったことで事態は思わぬ展開へ

 ある日、交際中の彼氏(現在の夫)から「○月○日ひま?ごはんでもどう?」とLINE が届いたというusaoさん。どんなおもしろい返事が来るかと期待をしつつ、冗談半分で「え?プロポーズ?」と返信をした。すると、そこで彼氏からの返信が途絶えてしまった。

 後日、彼氏に会った際に、どこのお店で食事をするのかを聞くと、「クリスマスにも行ったディナーのところ」と言われ、usaoさんは「これは間違いなくプロポーズだ」と確信。慌てて女子会を開き、事の経緯を話すと、「それは聞いちゃダメでしょ。彼氏さんはサプライズのつもりかもしれないじゃないですか!」と後輩にダメ出しをされてしまう。

 勘づいてしまった以上は「わざと喜べない!」と悩んだusaoさんは、彼氏に“逆サプライズ”することを計画。イラストを描く特技を生かして「いいよカード」を制作し、返事を求められた際にスッと差し出すことを思い付いた。漫画には、食事をしたレストランの店員さんとのやりとりや、なかなか段取り通りに上手くいかないプロポーズの流れがリアルに描かれている。

 この usaoさんの投稿には4.3万件のリツイート、15.3万件のいいねが集まり、「いいよカードの発想はなかったww」「こんな素敵な感動できるプロポーズをされてみたいです」「順番グダグダでも、むしろ思い出に残るプロボーズ」「めちゃくちゃおもしろい!末長くお幸せに!」と反響が。

 プロポーズのエピソードを描いたのは、「ただただ単純に、おもしろかったから(笑)」というusaoさん。「え?プロポーズ?」と聞いてしまったことに関しては、「そういうものは言うもんじゃないなと、今でも思い出します。『いいよカード』で逆サプライズをしたとき、彼は『おお!』と笑っていました。いつも通りの笑い方でしたね」

『プロポーズには気をつけろ』

「当たり前のことが、幸せであることをこれからも伝えていきたい」

 「日常の中の小さな幸せや関わってくれた人の表情、その場の空気感を忘れたくないと 思い始めてから、描きたいと思うようになりました」とTwitterで漫画を描くようになったきっかけを話してくれたusaoさん。

 小学校の教師として働きながら漫画を投稿し、生徒たちとのほっこりするやりとりや、 夫との何気ない日常エピソードが人気を集めている。13日には著書『なんでもない絵日記』 (扶桑社)も発売。そこにも収録されている「いつか結婚して良かったと思ってもらえる人になりたい」という一文とともに投稿された漫画は、Twitterでも多くの反響を集めていた。

 その漫画には、夫と一緒に住み始めて半年が経ち、お互い仕事で多忙な中でも食器を洗ってくれていたり、洗濯物を畳んでくれていたりする夫の行動にふと気がついたusaoさんの心情が描かれている。なんだか申し訳ない気持ちになったusaoさんは「私と結婚して損ばっかりでごめんね」と涙ながらに謝るが、その言葉を聞いた夫は「得とか損とかで結婚したわけじゃないよ」「大丈夫」と声をかけてくれる…という内容だ。

 これには「同じ気持ちになり、わんわん泣いてしまいました」「そんなふうに思ったり言ったりできるふたりに憧れます」など、多くのコメントが寄せられていた。そういう日々の嬉しかったことや悲しかったことなど、“あたりまえの日常”を描くことが、usaoさんの漫画の持ち味にもなっている。

「日常の"なんでもないこと”が確かに私の中で輝いていて、そのおかげで今の私がいます。夫婦の生活を送るなかでは、自分も相手も大切にしていきたいです。そして漫画を通して、当たり前のことが、幸せであること。なんでもない日常が、自分の心を育てていること。そういったことを伝えていきたいです」
タグ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索