• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
  • ホーム
  • ライフ
  • パンに煮干し? 世間をザワつかせた“奇妙なトースト”が進化、「リアルさ」を追求

パンに煮干し? 世間をザワつかせた“奇妙なトースト”が進化、「リアルさ」を追求

“食パンに奇妙奇天烈な細工をする人”を自称する主婦Azusa(@zahrada123)さん。今年4月、「トーストアート界」の異端児としてoricon newsで紹介すると、『とくダネ』(フジテレビ系)『スッキリ』(日テレ系)など人気番組にも取り上げられ注目を集めた。あれから半年。意欲的に新作を発表し続けるAzusaさんに、当時の反響と新シリーズについて改めて話しを聞いた。

「とてつもない夢を持ってしまったただの主婦」

――今春、oricon newsをはじめとするWEBニュースやテレビといった各メディアで紹介され話題となりましたが、周囲の反響はいかがでしたか?

【Azusa】 家族以外に記事が出ることは話していなかったのですが、妹の旦那さんが偶然目にしたようで、『姉ちゃん出てるぞ!!!』と、仕事先から妹に連絡してきたみたいです。これを機に義理の母にも、「こんなことをやってます」と告白したのですが、とても興奮していましたし、よほど気になったのか何度も何度も詳細について聞いてきました。まわりが笑顔になるのを見て、素直に嬉しかったです。

――トーストにクリームチーズやジャムで絵柄を描く「トーストアート」は、ここ数年人気のフードアートですが、Azusaさんの作品は「ユニークなセンス」「モチーフの再現力の高さ」で群を抜いていました。

【Azusa】 いえいえ、ただの主婦です。とてつもない夢を持ってしまったただの主婦です。

――(笑)。そうでした。Azusaさんの夢は世界規模なんですよね。前回取材時に「夢は奇妙なトーストで世界中の人にびっくり仰天されること」とおうかがいしていました。そんな夢に向け、この半年間で「奇妙なトースト作り」において、何か変化はありましたか?

【Azusa】 モチーフについては少し変化がありました。絵画、浮世絵、人物などを中心にやっていますが、やろうと考えていることをどこかで見かけたりすると、途端にやる気をなくしてしまったりするんです。あまのじゃくな性格なので(笑)。

――ハートやイチゴ柄を描く王道の“かわいい系トーストアート”ではなく、絵画や浮世絵・人物といったモチーフ選びが「奇妙なトーストアート」の特徴でしたが、それを避けると、題材が限られてしまいますよね。

【Azusa】 そんな時にふと思い立って作ったのが、お出汁などに使う“いりこ(煮干し)”をモチーフにした奇妙なトーストです。普段トーストと合わさることのないものをのっけたら面白いじゃないですか。クリームチーズを使用し、本物に近づけた『リアルシリーズ』です。というか、お話ししていて気づきましたが、私自身の作品に対するこだわりや姿勢が一番変わりましたね(笑)

お気に入りは『リアルシリーズ』フォロワーの戸惑いに“ニヤリ”

――最近の作品の中では岸田劉生の名画『麗子像』、ホラー映画『チャイルド・プレイ』シリーズのキャラクター・チャッキーなども目を引きました。

【Azusa】 ありがとうございます。絵画系のこだわりは、モチーフをそのままを再現するのではなく、できるだけトーストの地色を残す方法を選んで構成しています。その日の焼き具合で濃淡も違い、まさにその瞬間にしかできないものなので。それをなるべく残したいんです。例えば『麗子像』だと元の絵の背景は黒なんです。でも「奇妙なトースト」では、こんがりきつね色といった具合です。

――「チャッキー」は2度目の挑戦とか。

【Azusa】 はい。実は2年前にも作っているんです。フォロワーさんが、どんどん技術が上がっていると、おだててくださるので、過去との比較で作りました。本当かどうか検証の意味も込めまして。さて、どうなんでしょうか(笑)

――最近のご自身のお気に入り作品は?
 
【Azusa】 いりこ、スズメバチ、眼球、牡蠣などの『リアルシリーズ』です。いりこのトーストを投稿した時の皆様の戸惑いが伝わってきて本当におかしかったんです。クリームチーズで出来ているとは気付かれずに、「は?トーストに魚なんか乗せて…ついに血迷ったか!!!」と心配してくださいました(笑)。

デッサン力よりも「好きこそものの上手なれ」

――ゴッホの「ひまわり」をモチーフにした作品で制作過程を公開されていましたね。やはりトーストアートの要となるのはデッサン力でしょうか? 

【Azusa】 制作の基本は、トーストしたパンにクリームチーズをのせ、つまようじで引っ?くようにしてガイド(下絵)を作ったら、クリームやジャムなどで着色します。デッサン力はないよりあった方がいいと思いますが、私にはそんな技量がないので、スマホ片手に、なんとなくそれっぽい雰囲気を出すようにしている感じです(笑)。その時の素材の乗り具合や全体のバランスをみて、実物に近づけたらいいなーと思いながら感覚のみでやっています。好きこそものの上手なれですかね。

――令和元年、多くの読者に笑いと癒しを届けてくれた「奇妙なトースト」ですが、来年の抱負を教えてください。
 
【Azusa】 今年の春には「見て脱力してほしい」と思いながらゆるく制作していたのですが、たくさんの方からエールをいただき、ちょっと様子が変わってきたような気がします。一主婦のおふざけですが「私にももっと良いものができるかも?」と欲が出てきました。

これはただの主婦の挑戦ですが、もし私に備わっているのならアーティスト寄りの感性を引き出して、新しいものを生み出したいですね。私が頑張ろうと宣言すると「あなたは頑張らなくて良い」と返してくれるフォロワーさんがいらっしゃいます。私が楽しんで作っているものが、どのようなカタチであってもそのままでいいんじゃないと認めてくださる、そんな方々が集まってくれています。その方々に、これからもインスタを見ていただき、そばで一緒にわいわい楽しんでほしいと思っています。
INFORMATION
Instagram @zahrada123

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索