アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • コスプレ
  • 【コミケ95】サークル参加者には定番化、無料サービス「だいしゃの王様」とは?

【コミケ95】サークル参加者には定番化、無料サービス「だいしゃの王様」とは?

  • 「だいしゃの王様」利用の様子 (C)oricon ME inc.

    「だいしゃの王様」利用の様子 (C)oricon ME inc.

 世界最大規模の同人誌即売会『コミックマーケット95』(C95)が、29日から3日間、開催中だ。開催されるたびに来場者で溢れかえった混雑ぶりが話題となるが、当然、同人作品の搬入やコスプレ参加者の準備の過酷さも顕著だ。そんな中、コミケの参加者にはおなじみのサービスがある。もはやボランティアの粋を超えたと話題の「無料台車貸出サービス」の主催者、FANZA運営にサービスの意図を聞いた。

無料で30分間の台車貸し出し、参加者の必須サービスに

 イベント会場にて無料で台車をレンタルするサービスで、FANZA運営より2017年8月から開始された。利用資格はコミケのサークル参加者(出展者)であることで、利用方法としてはサークル出展者が貸出場所でサークル出展証を提示し、用紙に記入すると所定のエリア内で台車を30分間自由に使うことができる。

 本サービスはコミケの出展者が頒布物を搬入する時や撤収の際に役立つ。同人イベントにおいては個人の出展者が荷物の搬入搬出作業(荷物をクロネコヤマト便やゆうパックで送る作業)を行う必要があり、サークル参加者にとって荷が重い作業だ。特に、日ごとに参加ブースが入れ替わるコミケでは重宝されている。頒布物をゆうパックやクロネコヤマト便の受付まで持って行く人が多い。また、撤収時のごゴミ捨てにも大活躍していた。

 実際『刀剣乱舞』のアクセサリーの販売で出展していた30代の女性は「初めて利用しました。大手さんは台車を買っても良いと思うのですが、ダンボール一箱だけだともったいないので。台車の送料のことを考えるとありがたいです。参加サークル限定ですので手続きも混まないのが何よりです」と語る。40代の男性も「コスプレの衣装を着たまま撤収作業をするので、台車があると助かります」と重宝しているのが伺える。

初日だけで500人が利用! 3日間で1200人を超える勢い

 現在開催中のC95の台車利用者数としては、初日の12月29日は500人、30日の朝10時の段階では130人となっており、昨年の利用者数1200人を超えるのではないか、と現場は活気付いていた。なお、空いている時間に受付表を取りに来る人や返却まで手慣れた人も目立ち、サービスが広まって来ている様子が見受けられた。2日目となった30日は、朝の利用者は男女同数程度であったがピーク時間の14時30分から15時頃には女性が多く、なかには70代以上の高齢者の利用も。

主催者「競合であろうとなかろうと単純に同人業界を盛り上げたい」

 ただ、現状のサービスは無料であり、主催者の負担も大きい。有料化の検討について主催者に聞くと「そもそもはデジタル同人に興味のない女性向けにデジタルにも目を向けてもらうために、FANZA同人を知ってもらうきっかけ作りとして開始しました。今では競合であろうとなかろうと単純に同人業界を盛り上げよう。企業・個人全てに主体・協賛の門戸を広げてサービスの継続や別サービスの展開などの発展につながれば、と検討しております。有料化については当時も今現在も全く検討していません」と即答。

 「だいしゃの王様」サービス誕生からの変化を尋ねると、「最初は5台の台車購入から始まったサービスでした。丸1年で150台強まで追加導入と、正直ここまでになるとは思っていませんでした。男性も非常に多く、“荷物が多いにも関わらず配送や移動手段の部分において台車を持ち込めず困っている”というのが窺えました。また、紙が重いので同人誌サークルを想定していたのですが、コスプレイヤーのニーズが非常に高いこともわかりました」と、サークル参加者の悩みに合わせてフレキシブルに展開しているようだ。

 今後のサービス展開に関しては、「ボランティアの域を超えてしまっているので、このままの形では正直厳しいという状況です。今後については、まだ決まっていませんが、アレンジを加えてどうにか継続をしたいと考えています。今後サービスを継続するかは未定ですが、継続する場合にはコスプレ系サークルにも目を向けたいと思います」と現状のサークル参加者のニーズに対して前向きな姿勢を示していた。

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!