• ホーム
  • 芸能
  • 生駒里奈、乃木坂卒業後の“今”を語る「ちゃんと整理はついている」

生駒里奈、乃木坂卒業後の“今”を語る「ちゃんと整理はついている」

 乃木坂46の創成期にセンターを務め、グループを支える大きな存在だった生駒里奈が今年の春にグループを卒業。舞台やドラマ、CMなどで活躍を広げる生駒が次にチャレンジするのは、コミック原作の舞台『暁のヨナ』。DISH//の矢部昌暉と共にW主演として、謀反により王都を追われた王女が外の世界に飛び出し、仲間たちとたくましく成長していく姿を演じる。生駒の“舞台”への強い想いや、乃木坂46卒業後の日々、そして今後の活動についてORICON NEWSに語ってくれた。

「“稽古”ができる舞台の仕事が大好き、心を折りながら挑んでいます」

――過去、生駒さんは「私は少女漫画の主人公にはなれない、どちらかというと少年漫画の主人公だ」とおっしゃっていましたけれど、今回の舞台『暁のヨナ』は少女漫画の主人公ですね。生駒さんのお姫様要素が見られると思ってとても楽しみにしています。
生駒里奈そうですね。原作のヨナは王女様ですごく女の子らしいんです。ずっとお城の中にいて世間知らずなんですけれど、外に出て周りの人たちが大変な思いをして生きていることを知り成長していく姿は、乃木坂46の世界しか知らなかった私の冒険が今から始まる、という境遇ととても似ているなと思いました。(笑)。今までの自分の中のイメージとは全く違うところにいるキャラクターなので、挑戦でもありますね。

――今年の春ドラマ『オー・マイ・ジャンプ』(テレビ東京系)ではNARUTOのコスプレで登場し、今やられている舞台『魔法先生ネギま!〜お子ちゃま先生は修行中!〜』で主演と、漫画に絡んだ作品・キャラクターが続いていますが、それは生駒さんの意向ですか?
生駒里奈いえいえ、たまたまですね。漫画やアニメ原作の物語は、すでにその中でキャラクターは生きているので、まねっこみたいになっちゃうことが多いかもしれませんが、演じる側は『これは漫画でもアニメでもなく、舞台として頑張ります!』という気持ちで臨んでいますので、そういう目で観ていただけると嬉しいです。
――舞台では生駒さん要素をどう発揮していくのでしょうか。
生駒里奈そんなに“自分の良さ”を出そうと思ったことはないんです。演じるのは生駒里奈なので生駒里奈になっちゃうと思うから。見た目も、声も。声も見た目も変えられないからこそ、自分の良さをどう出すかではなく、私がやる意味というのを考えていつも演じています。

――去年の舞台の時は、『周りの方々がすごすぎて、毎日心が折れながら頑張っている』とおっしゃっていました。それから月日が経って自信は付いてきましたか?
生駒里奈私は、折れながやらないと上手くならないので(笑)。“折れたい”んです。自分ができないことのほうがやる気が出るので。

――それはアイドル時代から変わらないマインドでしょうか。舞台の大きなお仕事が続いていますが、舞台というものに対する生駒さんの思い入れも感じます。
生駒里奈そうですね。そういう私の性格だと思います。私、“稽古”が大好きなんです。私は練習しないとできない人間なので、そういう時間を大切にできるのが舞台のお仕事なのかなと思っています。それは他の事が苦手という意味ではなくて、より自分の考え方とか性格に合っているのが舞台なのかな。自分の“人間力”を高められる場所だと思っていますね。

“アイドルでない生駒里奈”は…「ちゃんと心の整理がついている。変わらずに楽しんでいます」

――春に乃木坂46を卒業されてからドラマ、舞台、CMと仕事が増えて、“アイドルではない生駒里奈”には慣れてきましたか?
生駒里奈いえ、特に変わらないですね。お仕事が“アイドル”だったという意識かな?MCとして出演したイベントで欅ちゃん(欅坂46)のステージを見た時に、「もしかして私って羨ましいと感じるのかな」と思っていましたが、いちお客さんとして、ライブを楽しめました。だから私“ちゃんと(心の)整理がついているんだな”って思いましたね。
――「ここ最近、やっと楽しいとか嬉しいとかの感情が芽生えた」と言っていましたね。最近の生駒さんは新しい世界に飛び込んで楽しそうに見えます。
生駒里奈楽しいですよ。仕事終わりにご飯に行ったりとか。これまでも禁止されていたわけではないんですが、自分で控えていた部分はあります。今でも出かけないから、ある先輩に「人としてちゃんと出かけたほうがいいよ」って言われて、外に出る努力をしています(笑)。そういう環境になったことも楽しいって思えた一つですね。罪悪感がないというか。人間修業でリハビリ期間です(笑)。まあそう言っても遊びに行くのは月に1〜2回くらい。まだまだですね。

いつか役者に…今はまだ“女優”を名乗らない理由とは

――卒業の発表の時に『表現の幅を広げたい』と、目標を明言しなかったのが印象的でした。今は結果的に女優というフィールドに立っていますが…?
生駒里奈どんな人でもテレビに映るキャラクターそのままって方は少ないと思うんですよ。私も多少は“テレビでの自分”がいるし、舞台での自分もいる。そういう瞬間が好きなんです。今は枠に囚われずに挑戦していきたいと思っています。
――その話で言うと、先ほど言っていた「稽古の時間」がある舞台の仕事がすごいしっくりきますね。では…もう少し自信がついたら、今後は映画やドラマでの活躍の場が増えていくかもしれないと。
生駒里奈そうかもしれません。いつか、ダンスとかでの表現をやってみたいと思っています。それは役者・女優というのも違うし。自分にピッタリの役職を見つけたいと思います(笑)。

――元アイドルとか、女優とか、くくることに意味はないかもしれませんね。
生駒里奈 そうかもしれないですね。
――今まで大きいステージに立たれてきて、その表現は歌やダンスじゃないですか。今の立場で歌手活動は…。
生駒里奈考えていないです(笑)

――そうなんですか(笑)。望んでいるファンも多いと思います。今はミュージカルブームですし、歌うお仕事がきたら?
生駒里奈それはお仕事だから喜んでやりますよ。でも、自分が歌手としてCDを出すような事は、今は想像できていないです(笑)。

生駒里奈のアイドル論・「キラキラだけのパワーを贈りたい」

――乃木坂46は、去年の夏のシングル「逃げ水」でミリオンを始めて突破し、その後も続々ミリオン達成。乃木坂人気が爆発する中で卒業するというのは、ある意味潔くて“カッコいい”と思いました。なぜあのタイミングの卒業だったのでしょうか。
生駒里奈22歳という一般の方が社会人になるタイミングでもあったし、乃木坂が大きくなるにつれて仕事のレベルが高くなってきて、それに見合う自分じゃない不甲斐なさが嫌だったり、きっぱり辞めるのもカッコいいと思ったし、一つ一つをもう少し時間をかけて練習できる舞台が好きだったり…。いろいろなものが重なった結果、今しかない!って思ったんです。

――生駒さんはグループの中でとても大きな存在でした。『元・乃木坂46の〜』というのがしばらくついて回ると思いますが、それは気にされないですか。
生駒里奈むしろ『元・乃木坂』がここまですごい奴になったんだな、という方が格好よくないですか? だから、そう思われる存在になりたいですね。
――乃木坂46も握手会などのファン交流で努力の過程を見せて大きくなりました。今の生駒さんも、舞台に挑戦して頑張る姿、まさに“努力の姿”を見せることを役者として体現しようとしているように思えますね。

生駒里奈早く芝居をする私を見てもらえるように頑張りたいですね。でも、泥臭い姿を見せるのは実はあまり好きではないかな…。私は、今悩んでいる人や疲れている人がいれば、キラキラのパワーを贈りたい。そして、私自身も「生駒のおかげでもっと頑張れる」と思ってもらえる存在に変わっていきたいです。でも同じ人間なので、時々は「風邪ひいた」とかも言います。でも、必要以上に飾るのも、素を見せすぎるのも正義ではなと思っています。

――最後に。個人で活動されて、“やりたいこと”や“なりたい姿”の片鱗は少しでも見えてきましたか?
生駒里奈 まだです。今は“修行中”という言葉がぴったり。私の好きな言葉「やりたいと思ったことをやればいいんだ」を信じて頑張っています。次の舞台『暁のヨナ』では、原作ファンの方にも、役者さんのファンの方にも、私のファンの方にも、ぜひ日常を忘れていただき、面白い時間だったなと思ってもらえる舞台にするよう、精いっぱい努めていきます!
(撮影/KayN)

舞台「暁のヨナ〜緋色の宿命編〜」

日程:2018年11月15日(木)〜11月25日(日)
会場:EXシアター六本木
原作:草凪みずほ(白泉社『花とゆめ』連載中)
脚本:早川康介
演出:大関真
役:ヨナ役 生駒里奈、ハク役 矢部昌暉(DISH//)ほか
主催:舞台「暁のヨナ」製作委員会

※チケット発売中、詳細は舞台公式HPでチェック 
オフィシャルサイト:http://yona-stage.jp/ 
舞台『暁のヨナ〜緋色の宿命編〜』公式Twitter:https://twitter.com/yona_stage

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!