アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 『おげんさんといっしょ』、“お茶の間のテレビ”復権へ起爆剤となりうるか?

『おげんさんといっしょ』、“お茶の間のテレビ”復権へ起爆剤となりうるか?

  • 冠番組第2弾『おげんさんといっしょ』に出演する星野源(写真:宮坂浩見) (C)oricon ME inc.

    冠番組第2弾『おげんさんといっしょ』に出演する星野源(写真:宮坂浩見) (C)oricon ME inc.

 昨年5月にNHK総合で放送された星野源の冠番組『おげんさんといっしょ』の第2弾が本日、放送される。「音楽」をテーマに多彩なゲストとともに音楽を楽しむ生放送番組で、ギャラクシー賞5月度の月間賞を受賞。番組は星野源が一家のお母さん「おげんさん」に扮するコント風だが、“生放送”+“コント”の図式と言えば、TBSの『8時だョ!全員集合』(69〜85年)が即座に思い出される。かつては家族が揃うお茶の間で生放送のドキドキ感を楽しんでいたテレビ。『おげんさん〜』はその視聴スタイルの“現代版プロトタイプ”になるかもしれない。

メジャーとサブカルの融合、星野源の守備範囲の広さが光る

 同番組のテーマは「音楽」。コメディ感あふれる番組内容とは裏腹に、音楽ファンも歓喜するミュージシャンがバンドで参加している。星野のライブではおなじみの長岡亮介(Gt)、ハマ・オカモト(Ba)のほか、星野が大ファンで親交も深い細野晴臣(Ba)、林立夫(Dr)などレジェンド級も参戦し、星野のヒット曲「SUN」や「恋」などのSPバージョンが演奏された。

 コーナーでは、星野憧れのマイケル・ジャクソンの徹底解剖で伝説の名シーンの数々が紹介されたほか、視聴者から寄せられたくしゃみ動画をひたすら見るといったコアな企画、また飯テロ写真が紹介される、SNSでのツッコミ甲斐がある企画も。星野初の冠番組ということもあって、星野の好きなものや彼の魅力がふんだんにつまった構成で、Twitterでトレンド入り。公式アカウントは47回しかつぶやいてないにもかかわらず、フォロワー数は13万4千超を誇っている(18日現在)。

 「これは星野源さんでなければ成り立たなかった番組であり現象」と話すのはメディア研究家の衣輪晋一氏。「参加したバンドメンバーは星野さんでなければ集められなかった本格派。マイケル・ジャクソンの名シーン紹介にしても、ライブでマイケルがステージに登場し、約2分間微動だにしなかったのに失神するファンが続出したシーンという選択。くしゃみ動画は“人のくしゃみは十人十色で面白い”と考える星野さんのアイデアで、一種の性癖といえるほどマニアック。『逃げるは恥だが役に立つ』出演と主題歌『恋』のヒットで乗りに乗り、そのメジャー感と、サブカル好きにも支持される彼の“全方位キャラクター”故の成功と言えます」(同氏)

古き良き生放送を凝縮 “生演奏”“生コント”のハラハラドキドキ感

 また同番組の最大の特徴として、“生演奏”“生コント”が挙げられる。番組内で星野はお母さん役、高畑充希がお父さん役、藤井隆は娘役、巨匠・細野晴臣が息子役。他の数々のミュージシャンも子ども役というトンデモ配役。ねずみ役で、人気声優の宮野真守をキャスティングしたセンスも憎い。セットはコント風の“いかにも”な作り。番組内で星野が「1回の番組でこのセット」などと話した通り豪華で、NHKの矜持も見せつけていた。

 そんなセットで行われた生トークは、“超”がつくほどユルい。オープニングで星野が、いきなり設定を忘れて高畑に「充希ちゃん」と話しかけたほか、タイトルコールがいつになってもなく、藤井がたまらず「怖すぎるわよ!」と絶叫する場面も。

 「生放送の何かハプニングが起きるのではというハラハラドキドキが“テレビの面白さである”という意識は昔から視聴者にあります。生放送のハプニングと言えば『8時だョ!全員集合』の停電事件が有名ですが、ほかにも89年『ヒットスタジオR&N』(フジテレビ系)のFM東京事件。故・忌野清志郎さん率いるタイマーズのメドレーが放送された際、清志郎さんはご自身作詞の歌が放送禁止にされたことや、RCサクセションの反原発ソングが発売禁止になったことについて東京FMさんに抗議。“腐ったラジオ”“政治家の手先”とさんざんコキ下ろしたあげく、放送禁止用語を絶叫しました」

 ここ最近でも、まさかの“号泣県議”会見や、NHK山形放送局のお天気キャスターが言葉に詰まった末、番組中に泣き出してしまうなどが話題に。つまり生放送はSNSとの親和性も高く、今の時代にも合っている。「また“生演奏”はそもそも音楽番組ではベターな手段で、生放送の緊張感とテンションで、ミュージシャンが自身のライブさながらのアドリブを見せるSP回になることもある。これはカラオケ演奏ではありえないこと。そんな生コント、生トーク、生演奏のいいとこ取りをしたのが『おげんさん〜』の第1弾でした」(衣輪氏)

『おげんさん〜』視聴スタイル、SNS実況と茶の間テレビの両軸に?

 NHKと言えば、2016年に放送された黒柳徹子原作のドラマ『トットてれび』で、テレビ放送開始間もない当時の生放送の様子を描き話題となった。生放送は古き良きテレビ時代の象徴で、NHKはその生放送が他局と比べて今も多い。『紅白』でも、『あまちゃん』や『あさが来た』な朝ドラの出演者たちが生演技を交えながらステージに立って出演歌手の生歌唱とコラボしたり、コント番組『LIFE!〜人生に捧げるコント』が乱入したことも。そんな生放送のお茶の間感も「同番組にはよく出ていた」と衣輪氏は語る。

 「生放送バラエティは、現在はその経験があるスタッフが少なく、作るのが困難な時代に。また生演奏がある生放送だと、リハーサルがあるためにミュージシャンをその日一日、長時間押さえなくてはならず、スケジュールを取るのすら難しい。ですがNHKは『NHK歌謡コンサート』『うたコン』などの生放送音楽番組で培ったノウハウ、そしてお茶の間で楽しませる制作陣のノウハウが受け継がれています。その伝統の下で作られた『おげんさん〜』がゴールデンで放送されたなら、やり方によっては、家族で観る昔ながらの視聴スタイルの“現代版プロトタイプ”になる可能性も」(同氏)

 マニアックな構成だが、今の視聴者は知識もあり、目も肥えている。レベルの高い視聴者に向けても作られ、それでいて現代のネット社会やお茶の間との親和性も高いパッケージ感の『おげんさん〜』。第2弾はさらにマニアックに走るのか、テレビの未来を感じさせる内容になるのか。テレビの可能性を占う意味でも放送が楽しみだ。

(文/中野ナガ)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!