アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • サザンや星野源ら所属、レーベル長語るヒットの理由「まず音楽でしょ」

サザンや星野源ら所属、レーベル長語るヒットの理由「まず音楽でしょ」

ビクターエンタテインメントのスピードスターレコーズ及びタイシタレーベル レーベル長を務める小野朗氏 (撮影:西岡義弘)

 昨年10月に創立25周年を迎えた、ビクターエンタテインメント内の「スピードスターレコーズ」。同レーベルは独自のカラーを持ち、サザンオールスターズ(タイシタレーベル)、斉藤和義、くるり、ハナレグミといったベテラン、星野源、竹原ピストルなどの注目組、スガ シカオ、KREVA等の移籍組、さらに細野晴臣、矢野顕子といった重鎮からnever young beachら若手まで、実に多彩な人材を擁している。なかでもキャリアの長いアーティストの数は多く、その代表格であるサザンはデビュー40周年を記念したアルバム『海のOh, Yeah!!』(8月1日発売)が、8/13付、8/20付と週間アルバムランキングで2週連続首位を獲得、今なおシーンの最前線で活躍している。レーベル長を務めるのは、20年以上にわたり同レーベルに携わってきた小野朗氏。同氏にスピードスターらしさの根源、またヒット作を生み続けることができる理由について尋ねた。

第一に優先すべきはアーティストの意志と作品

――スピードスターレコーズ(以下、スピードスター)は、昨年10月で創立25周年を迎えました。小野さんが同レーベルに配属されたのが1996年ということですので、関わるようになってすでに20年以上、レーベル長としても9年目を迎えています。
小野 入社して最初に東北エリアの宣伝担当だった頃から、ずっと変わらずに宣伝マンだと私自身は思っています。担当アーティストはその時々で変わっても、スピードスターというレーベルは、アーティストがやりたいことをどうやってスムーズに実現させられるかを第一に考える。アーティスト・オリエンテッドな気風がそれこそ20年以上、変わらずに存在しているんです。

 ゼロから音楽をクリエイトするのはアーティストですから、一番大事にすべきは当然、彼らの意志と作品。宣伝マンであるならば、彼らのやりたいことが上手くセールスにつながるか、作品の価値を高めることにつながっていくかということに最大限、留意する必要もあります。世の中に宣伝することで、アーティストや作品がよりわかりやすく知られていくサポートをする。そういう意味では、レーベルの人間は宣伝マンであり、翻訳者にも近い立場なのかもしれません。
――そうしたレーベルの心構え、気風のようなものが、ずっと受け継がれてきていると。
小野 私が配属されたばかりの頃は、社内でも新興レーベルとして扱われることが多くあり、タスクの課し方や成果を求める雰囲気にはより厳格なものがありました。厳しい目で育ててもらい、成長してきた音楽レーベルだと思います。その基本は、先ほども申し上げた“アーティスト第一の姿勢”で、これはレーベル設立者の高垣健さんも折に触れて何度も話をしていました。明文化されていなくとも、風土として確実に定着している。もちろん、アーティストとレーベルも、結局は人と人との関係ですから大小の波はあります。ですが、20年以上キャリアのあるアーティストがこれだけ活動してくれているなら、結果としてはその姿勢がアーティストの皆さんにも伝わっているのではないかなと感じます。

その時々のアーティストの状況を理解し、寄り添う

――キャリアの長いアーティストの代表格には、サザンオールスターズ(タイシタレーベル)がいます。
  • デビュー40周年を記念した、サザンオールスターズのプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』(8月1日発売)は、週間アルバムランキング2週連続で首位を獲得するなど現在ヒット中

    デビュー40周年を記念した、サザンオールスターズのプレミアムアルバム『海のOh, Yeah!!』(8月1日発売)は、週間アルバムランキング2週連続で首位を獲得するなど現在ヒット中

小野 サザンは今年でデビュー40周年。記念ライブや新曲群の発表を含め、自然な流れでいろいろな企画が同時進行で動いています。彼らを例にとるなら、たとえば20周年のタイミングで一度ベスト盤『海のYeah!!』を出していますから、順当に考えたら40年のタイミングでキャリアを振り返るようなオールタイムベストBOXの展開なども企画できます。ですが、彼らは現役のアーティストですし、新曲も当然レコーディングしています。

 それならば、現在進行形の彼らが、次に何をやろうとしているのかを含めて、よりわかりやすく提示できる形を模索する。今のアーティストの状態、状況をしっかりと理解し寄り添って、一緒に最適解を導き出していきます。短期的な売上ももちろん大切ですから瞬発力を出せる方法論も必要なのですが、サザンに限らず、より長い目でアーティストと向き合っていく。そうした、アーティスト優先の考え方の習性や姿勢こそが、実はスピードスターらしさの正体なのかもしれません。

プロフィール

おの あきら
1970年7月生まれ。1994年、大学卒業後ビクターエンタテインメントへ入社。エリアプロモーターとして東北6県を担当、2年目よりスピードスターレコーズ専任のエリア担当として宣伝全般に携わる。1996年、スピードスターへ異動後、THE MAD CAPSULE MARKETS、つじあやの、WINOなど、さまざまなアーティスト担当を歴任。2006年よりサザンオールスターズも担当している。2010年よりスピードスターのレーベル長。ベテランから新人まで分厚いアーティスト層を備えたレーベルの新たなピークを創出している。

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年11月19日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年11月19日号

<COVER STORY>
アレキサンダー・デニュー氏(MIDEM CEO)
「世界の音楽市場が回復し始め、
新しい音楽経済圏が生まれている」

<SPECIAL ISSUE>
月間マーケットレポート10月度
年末商戦間近、好調分野&ジャンルを探る

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!