アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • マンガ
  • 池松壮亮、続編『デスノート』への本音「負け戦をどう勝ちに持っていくか」

池松壮亮、続編『デスノート』への本音「負け戦をどう勝ちに持っていくか」

あの名作『デスノート』の10年後をオリジナルで描くことで話題の“正統続編”新作『デスノート Light up the NEW world』(10月29日公開)。そのなかでも大きな注目を集めているのが、松山ケンイチの怪演で伝説的なキャラクターになった“L”の遺伝子を受け継ぐ後継者・竜崎。とくに原作ファンからの関心が高まるなか、竜崎を演じる池松壮亮を撮影現場で直撃。大きなプレッシャーもかかるであろうキャラクターへの向き合い方を聞いた。

続編は「やらないほうがいいんじゃないかと思った」

――Lの後継者・竜崎を演じる池松さんと、キラの信奉者でサイバーテロリストの紫苑を演じる菅田さんは、キャラクター作りでもご自身のアイディアを提示されたとうかがっています。キャラクターへの想い入れも大きいのでは?
池松壮亮僕はとくに(アイディアを出したり)していないですね。ただ『デスノート』が好きな人たちの期待値は高いだろうし、逆にファンは攻撃態勢にあると思っていて、そこを乗り越えていくつもりで日々がんばっています。

――今作のオリジナルのストーリーに関してはどのように思っていますか?
池松壮亮めちゃくちゃ怖いですね。怖いし、『デスノート』の魅力を考えたときにやらない方がいいんじゃないかなと思ったぐらいだから、「大きな賭けにでましたね」って感じで。僕はそのスタンスが一周回って好きで、いまは負け戦をどう勝ちに持っていくのか? という楽しさを感じています。

よく思われるかバッシングされるかわからないが、凌駕しにいこうという気持ち

――どんでん返しが何度もあるストーリーのようですが、その内容についてはどんな感想をお持ちですか?
池松壮亮それはもう「期待してもらっていいです」としか答えようがないですけど、『デスノート』の魅力を考えたら、僕はやっぱり“天才 VS 天才”じゃないと成り立たないと思うんですよ。“凡人 VS 天才”では成立しない話だから、そこは間違っていないと思います。それから、ストーリーの展開が読めないところも『デスノート』のもうひとつの魅力ですけど、そこは製作陣も「読まれてたまるか?」という気持ちでやっていると思います。裏テーマをちょっとずつすくい取っていければ、きっとおもしろいものになると信じています。

――今作は3人の天才の対決ということですが、Lの後継者を演じる池松さんが役作りでこだわられた点を教えていただけますか?
池松壮亮僕が演じている竜崎は、あのLからどういう子どもが生まれたのか? というところもポイントになるので、そこをベースにいかに戦うのかを日々考えています。藤原竜也さんと松山ケンイチさんがいなかったらキラとLが成立しなかったのは確かなことですから、あのふたりを受けての僕たちがよく思われるのか、バッシングされるのかは分からないですけど、凌駕しにいこうという気持ちはあります。Lの後継者というのはひとつの見どころだと思います。

デスノート Light up the NEW world

 デスノートを駆使して世の中に野放しになっていた凶悪犯を次々と死に追いやったキラこと夜神月と、命をかけてキラを食い止めたLとの天才同士の対決から10年。再び、死神が地上にデスノートをばらまき、世界中が大混乱に陥っていた。
 夜神総一郎が立ち上げた<デスノート対策本部>は存続していた。すでに亡くなった夜神総一郎の跡を継ぐべく、キラ事件に精通した三島を筆頭に、10年前のキラ事件を経験したメンバー含む5人の対策特別チームの捜査官たちを中心に警視庁内に本部を構えていたのだ。
 ロシア、ウォール街そして渋谷でのデスノートによる大量殺人が行われる中、世界的私立探偵にして、“Lの正統な後継者” 竜崎が加わり事件解明に当たり、地上には6冊のデスノートが存在する事が判明する。その矢先にキラウィルスと呼ばれるコンピューターウィルスが世界中に拡散された。そのメッセージとは「他の所有者に次ぐ。速やかに私に差し出せ」とデスノートの提出を呼びかけていた。
 6冊のデスノートを全て手にした者が地上を制する。キラ復活を望む者、それを阻止する者たちとの究極の争奪戦の幕が切って落とされた!

原作:『デスノート』大場つぐみ・小畑健 集英社ジャンプコミックス刊
監督:佐藤信介 / 脚本:真野勝成
出演:東出昌大 池松壮亮 菅田将暉 川栄李奈/戸田恵梨香/中村獅童 船越英一郎ほか
10月29日(土)公開
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社(C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
【公式サイト】(外部サイト)

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!