• ORICON MUSIC(オリコンミュージック)
  • ドラマ&映画(by オリコンニュース)
  • アニメ&ゲーム(by オリコンニュース)
  • eltha(エルザ by オリコンニュース)

夏が好きになる「本・映画・音楽」

前へ
<MUSIC>

うだるような暑さの中を吹き抜ける、一片の風

(C)ユニバーサル ミュージック

(C)ユニバーサル ミュージック

MUSIC1 
スピッツ『CRISPY!』(1993年)

「このアルバムに収録されている「夏が終わる」が私にとっての“夏気分を感じる音楽”です。夏気分を越えて、いきなり夏が終わってしまっているという指摘はさておき、軽やかなギターカッティングに載せられた“またひとつ夏が終わる、音も立てずに”という歌詞、うだるような暑さの中を吹き抜ける風の涼しさ、そして強烈な暑さもいつかは終わってしまうという郷愁に満ちたこの曲に、夏を感じない人はいないのではないでしょうか。2013年の9月に行われた彼らの野外ライブ「横浜サンセット」でこの曲が演奏された時、それはまさに“夏が終わる”瞬間そのものであったように感じ、『このライブの為に作られた曲だ』と思わず口にしてしまったのを思い出します。季節が過ぎ去ることへの寂しさと、次の季節がやってくる期待がないまぜになる気持ちを表現した名曲です」

クールな熱情でいびつに踊れ

(C)ROSE RECORDS

(C)ROSE RECORDS

MUSIC2 
Lantern Parade『LANTERN PARADE』(2005年)

「清水民尋(しみずたみひろ)によるソロ・プロジェクト、ランタンパレードによる初期の名作アルバム。古今東西の音楽をサンプリング、ループで解体、再構成しつつどこか狂おしく、いびつなダンスミュージックを展開しています。そんな彼がここで歌うのは、コンクリートで埋め尽くされた都会の夏。「甲州街道はもう夏なのさ」では、梅雨が明け、これから夏が始まるという明るい予感を感じさせつつも、どこか自身を客観視する視点があり、対象と距離を置くかのような歌詞とのギャップがたまりません。ユーモアと熱情をクールに包み込んだ名作。よりメロウになった、彼の2011年作『夏の一部始終』もぜひ」

希代のシンガーソングライターが歌う、日本の夏

(C)Yanagawa Records

(C)Yanagawa Records

MUSIC3 
笹口騒音ハーモニカ『うるう年に生まれて』『おんがくのじかん』(2011年)

「太平洋不知火楽団、うみのて、などのバンド活動でも知られる、笹口騒音ハーモニカ。すでに10枚以上のアルバムを発表し、日本全国津々浦々、毎日のようにライブに出演。彼の音楽を一聴して分かるのは、瞬時に情景が目の前に広がる歌詞と、“J-POP”にも通ずるグッドなメロディ。「才能があふれ出ている」という表現が相応しい存在です。本作は7thアルバム『おんがくのじかん』とベストアルバム『うるう年に生まれて』をコンパイルし、2枚組でリリースされた作品。『うるう年に生まれて』の「SAYONARA BABY BLUE」〜「サマーロング」の流れや、『おんがくのじかん』の「2011年 笹騒の旅」〜「柳川下り」の流れは夏そのもの。それは、さわやかな海外の夏というよりも、湿度の多い日本の夏であり、どことなく陰を感じさせるものです。“海”をテーマにした曲が多いのもこのアーティストの特徴です」

真夏の白昼夢に感じるロマンス

(C)cutting edge

(C)cutting edge

MUSIC4 
SuiseiNoboAz「ubik」(2013年)

「高田馬場発のロックバンドSuiseiNoboAz。現在はメンバーを変えて活動していますが、本作はメンバーチェンジ以前の3人体制で作られたアルバムです。バンドサウンドの強度を極限まで高めたかのような2ndを経てたどり着いた本作『ubik』では、バンドの強度は揺るがぬまま、どこか白昼夢を想起させるロマンチックな音像が印象的です。リヴァーヴのかかったギター、サイケデリックなシンセが特徴の本作、それは例えば、真夏の都心を酔っぱらって歩くかのような酩酊感を感じさせる音像であり、決して爽やかな夏ではなく、都心特有のうだるような湿気まみれの夏を感じることができます。コンクリートにまみれた都市生活者が、夏に感じるロマンスとして欠かせない一枚です」
recommendation
タワーレコード
プロモーション企画部
野津真澄 Twitter:@TOWER_Sale

NO MUSIC, NO LIFE.のコーポレイト・ボイスでおなじみのCDショップ。カフェやライブスペースを擁する世界最大規模の渋谷店をはじめ、全国に店舗を展開。オンラインサイトを含め『The Best Place to Find Music=音楽と出会う最良の場所』を提供する。
http://tower.jp

<紹介作品の詳細はこちら>
スピッツ「CRISPY! 」
Lantern Parade「LANTERN PARADE(セカンドアルバム)」
笹口騒音ハーモニカ「うるう年に生まれて」「おんがくのじかん」
SuiseiNoboAz「ubik」

information
9月4日(日)まで、対象商品を購入したの中から応募抽選で豪華賞品が当たる「夏フェス・キャンペーン」を開催中。また、7月24日(日)まで、スプラトゥーンとコラボした「2016 SUMMER SALE」も開催。期間中はコラボグッズの発売など、さまざまな企画を予定。
前へ

あなたにおすすめの記事

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!

 を検索