アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 【AKB第3回総選挙】得票数でも“ミリオン”達成 前田&大島は大台10万票超え

【AKB第3回総選挙】得票数でも“ミリオン”達成 前田&大島は大台10万票超え

 『第3回AKB48選抜総選挙』の開票結果が9日、東京・日本武道館で発表され、前田敦子の首位返り咲きで幕を閉じた。1位の前田の得票数は13万9892票(前回3万851票・約4.5倍増)、2位の大島優子は12万2843票(前回3万1448票・約3.9倍増)と上位2名が10万票の大台を突破。この日発表された1〜40位までの総得票数は108万1332票におよび、得票数でも“ミリオン”を達成した。

 本投票権付きシングル「Everyday、カチューシャ」の発売2週間(集計期間:5/24〜6/5)の累積売上は145.2万枚。前回の投票権付きシングル「ポニーテールとシュシュ」(昨年5月発売、2週目売上56.0万枚)の同週比約2.6倍増の売り上げを記録していたことから、総得票数の大幅な増加が予想されていたが、過去2回とは文字どおり“ケタ違い”の盛り上がりをみせた。

 来場者数8500人、全国の映画館86スクリーンで3万5000人が固唾を飲んで見守り、韓国、台湾、香港にも生中継された一大イベントには、150媒体500名のメディアが殺到した。

 報道が過熱する一方、1人1票ではない選挙方式に批判があることについて大島がスピーチの冒頭で言及し「1人何枚も買って、本当に選挙と言えるのか。選挙は1人1票じゃないか。いろんなことをAKBの周りは言います。ですが、私たちにとって票数は、皆さんの愛です。わたしたちは愛されて、こんなに大きい武道館でイベントをやることができています」とファンに感謝し、大歓声を浴びていた。

 なお、前回1位の大島の得票数(3万1448票)を、今回11位の宮澤佐江(3万3500票)が更新。1〜40位までの総得票数は、前回の15万4050票に対し、今回は前述のとおり108万票超。実に前回比7倍増を記録した。

 姉妹グループの人気拡大も顕著に表れ、名古屋・栄を拠点に活動するSKE48は、初のTOP10入りを果たした松井玲奈を筆頭に、昨年を1人上回る6名がTOP40入り。今回、総選挙初出馬となった大阪・難波を拠点とするNMB48からは、山本彩が28位に初登場。新興勢力の台頭で、AKBプロジェクトのさらなる勢力拡大を感じさせるイベントとなった。

◆AKB48総選挙特集 ランキングTOP40笑いあり涙ありのフォトギャラリー立候補者150名を一挙紹介



オリコントピックス