• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 竹内結子、地味メイクで『はやぶさ』所員になりきり「“通勤”楽しい」

竹内結子、地味メイクで『はやぶさ』所員になりきり「“通勤”楽しい」

 女優の竹内結子が23日、相模原市内のJAXA(宇宙航空研究開発機構)の宇宙科学研究所相模原キャンパス内で撮影中の主演映画『はやぶさ』(堤幸彦監督、10月1日公開)の制作報告記者会見に出席した。地味メイクにJAXAの作業着姿の竹内は「JAXAの入構証を下げて通勤するのがたまらない毎日です。明日で(自身の出番が)終わってしまうかと思うと寂しい」と、すっかり宇宙科学研究所の一員に馴染んでいた。

 会見にはほかに、共演の俳優・西田敏行、堤監督、JAXA宇宙科学研究所教授の國中均氏、製作・配給の20世紀フォックス映画日本代表ジェシー・リー氏、井上潔プロデューサーが出席。

 同作は、太陽系誕生の謎を解く手がかりとなる小惑星イトカワのサンプルを持ち帰る――というミッションを成し遂げ、昨年6月に宇宙の旅を終えて奇跡の帰還を果たした小惑星探査機「はやぶさ」と、そのプロジェクトに携わった人々の7年間にわたる挑戦と苦闘の日々を描く。

 堤監督は「はやぶさプロジェクトを追体験できる映画に関われて光栄。出来る限り、完コピした」と断言。プロジェクトに携わった実在の人物を、キャスティングはもちろん、衣装やメイク、中には話し方などまで細かく再現しながら撮影を進めた。「かなり面白い方々が集まってこの『はやぶさ』の偉業は成し遂げられた。その面白さを具体的に出したかった」と話した。

 「はやぶさ」の運用時に体外協力室室長・広報を担当した的川泰宣氏をモデルにした、的場泰弘役で出演する西田は「頭の薄くなり加減もちょうど似ているかな。的川さんのお人柄に触れてみと、とても温厚で、人としてのキャパシティの大きさ、慈愛の心、いろいろなものをお持ちで、彼を演じられるのは私しかいない。ほかに考えられませんね」と自負する。

 そんな中、竹内が演じる水沢恵だけが架空の人物。監督からのオーダーが「エキストラに役者はどこにいるのかと言われるくらい存在を消してほしい」だったという竹内は、「肩書きは一応女優なので、これまでは男性キャストよりも先に現場に入り、ヘアメイクに時間をかけていたが、今回はほぼ男性キャストと同じくらい支度は早いです」といままでにない地味なキャラクターにも笑顔。「宇宙を身近に感じていただいて、映画を通していろんな人を元気にできたらいいな」と話していた。

■『はやぶさ』映画、JAXAは“困惑”?

 イオンエンジン開発担当責任者、カプセル回収安全責任者として、小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトに携わった國中氏は会見で次のように述べた。「宇宙運用に7年、その前のシステム開発に7年、私の場合ですとイオンエンジンの基礎研究開発に7年、計20年を超えるプロジェクトとして遂行してきました。昨年、帰還してからの反響の大きさにびっくりしています。映画の撮影の話もむしろ当惑しているのが実際のところですが、綿密な取材に基づく物語、堤監督による監督・指揮、竹内さんや西田さんの迫真の演技で、たいへん素晴らしい作品に仕上がるものと期待しています。現在の日本は厳しい局面に立ち向かっていますが、日本の復興にご尽力されている方々を本作品が鼓舞する方向で作用していただければ、『はやぶさ』プロジェクトとしても本望に思います」。

⇒2011年の注目映画★予告編動画はコチラ!

◆関連ニュース一覧 最新映画ニュース映画インタビュー


関連写真

  • 映画『はやぶさ』の製作報告記者会見に出席した竹内結子 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『はやぶさ』の製作報告記者会見に出席した(左から)竹内結子、西田敏行 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『はやぶさ』製作報告記者会見を行った(左から)堤幸彦監督、竹内結子、西田敏行、國中均氏(JAXA宇宙科学研究所教授) (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス