アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • SMAP特番に『Marching J』集結! 被災地に“笑顔のエール”送る

SMAP特番に『Marching J』集結! 被災地に“笑顔のエール”送る

 人気グループ・SMAPが2日、3時間生放送特番『SMAP☆がんばりますっ!!』(テレビ朝日系)で東日本大震災の被災地に向けてエールを送った。スタジオにはサプライズゲストとしてジャニーズ事務所の全タレントが参加する東日本大震災支援プロジェクト『Marching J』も登場。宮城県の避難所に支援物資を届けたという田中聖KAT-TUN)は「被害にあっていない若い子たちが強制もされずに毎日ガレキをよけたりとボランティアをしている。日本も大丈夫、先は明るい。輪を感じた」と現地の様子を伝え、全員でSMAPの「オリジナル スマイル」を熱唱して笑顔を送った。

 『Marching J』からは、KinKi Kids、タッキー&翼、KAT-TUNの亀梨和也、田中聖、Hey!Say!JUMP薮宏太八乙女光Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔玉森裕太が登場。宮城県出身の八乙女光は、父、兄、祖父母が被災し「無事な場所にいてちょくちょく電話もしています。勇気を出して今何を求めているか聞いてみたら、衣食住が整ってなくて食べ物も高いみたいです。そういうのも助けてあげたい」と訴えた。

 2009年1月の初放送より年に1度の恒例となった、メンバーが体を張ってさまざまな課題に挑戦する同特番。今年は“つながり”をテーマに、視聴者へ「我々に今できることは何なのか」を問いかけ、不安に揺れる日本へ絆と元気、勇気を届けた。草なぎ剛は3日まで東京・代々木第一体育館前広場で行う募金活動を「ジャニーズもそうだし、みんなの絆がすごく強い。来てくれたファンも東北のことをすごく心配しているし想っているので、それを東北の方に伝えたい」とメッセージを送った。

 特別企画「記者SMAPが日本全国 元気の種を探して来ました!」では、5人が阪神・淡路大震災を経験した人たちのもとを訪れインタビューを行い、震災を乗り越えた生の声を現在も闘っている被災者に届けた。また「メンバーの絆をつないでがんばりますっ!!」では、バスケットボールのフリースローに5人が連続成功するまで挑戦。1時間10分でラストシュートを木村拓哉が見事決め、5人で肩を抱き合って大喜びするなど改めて5人の絆を確かめ合っていた。

◆関連ニュース一覧 ジャニーズテレビ朝日



オリコントピックス