浜崎あゆみ、結婚後初作品で辻井伸行とコラボ

 歌手の浜崎あゆみが、オーストリア人俳優のマニュエル・シュワルツとの結婚後、初の作品となるリミックスアルバム『ayu−mi−x 7』を3月30日に発売。同作品で、全盲のピアニスト・辻井伸行とコラボレーションすることがわかった。

 今回、1stシングル「poker face」から50thシングル「L」までの50枚のシングル曲をリミックス、リアレンジし、ハウス、トランス、ユーロビート、アコースティック・オーケストラヴァージョンの4枚と特典付きコンプリートBOXが同時発売される。

 注目は、アコースティック・オーケストラヴァージョンに収録の「LOVE 〜Destiny〜」のピアノアレンジを、『第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール』で日本人として初めて優勝した辻井伸行が担当。今作の総指揮をとっているプロデューサー、max matsuuraのアイディアがもとで、辻井自らが選曲。浜崎は、「辻井さんをはじめとした国内外で活躍されているミュージシャン、プロデューサーの方々それぞれの個性溢れるアレンジに仕上がっているので、オリジナルとはまた違った楽しみ方をしてもらいたいです」とコメントした。またジャケット写真は、今年2月に、前日までレディー・ガガが使用していたハリウッドにあるスタジオで撮影された。

 なお、3枚組DVD『ayumi hamasaki Rock’n’Roll Circus Tour FINAL 〜7days Special〜』と2枚組DVD『A 50 SINGLES 〜LIVE SELECTION〜』も同日発売される。

関連写真

  • 浜崎あゆみのリミックスアルバム『ayu−mi−x 7 −LIMITED COMPLETE BOX SET−』 
  • ピアノアレンジを担当した辻井伸行 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索