• ホーム
  • 音楽
  • 桑田佳祐、完全復活! ソロ新作が16年半ぶり首位

桑田佳祐、完全復活! ソロ新作が16年半ぶり首位

■グループ出身歌手史上初の4つの年代連続首位

 初期食道がんの療養から復帰したサザンオールスターズ桑田佳祐の8年半ぶりのオリジナルソロアルバム『MUSICMAN』(2月23日発売)が初週27.3万枚を売り上げ、3/7付週間アルバムランキング首位に初登場した。桑田のソロアルバム首位は、前作のベストアルバム『TOP OF THE POPS』(2002年11月発売)以来8年3ヶ月ぶり通算4作目。オリジナルアルバムの首位は『孤独の太陽』(1994年9月発売)以来16年5ヶ月ぶりとなった。

 桑田はサザンのボーカルとして活躍する傍ら、1987年にソロ活動をスタート。1980年代には『Keisuke Kuwata』(88年7月発売)、1990年代には『孤独の太陽』(94年9月発売)、2000年代には『TOP OF THE POPS』(02年11月発売)、そして2010年代には今作と、グループ出身歌手としては史上初の4つの十年代でソロアルバム首位を獲得した。

 十年代の4連続首位獲得は、1970年から始まったオリコンアルバムランキング41年の歴史の中でも、松任谷由実(70年代〜00年代)、徳永英明(80年代〜10年代)に次ぐ3組目の快挙(グループも含む)。グループ活動と並行しての記録達成は史上初となった。なお、サザンオールスターズとしては、グループ史上最高の3つの十年代(80年代〜00年代)でアルバム首位を獲得している。

 本作は、昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』で手術後初歌唱した「本当は怖い愛とロマンス」(昨年8月発売)、放送中の松下奈緒主演ドラマ『CONTROL 〜犯罪心理捜査〜』(フジテレビ系)主題歌の「銀河の星屑」など全17曲を収録した。

■禁無断複写転載
※オリコンランキング(売上枚数のデータ等)の著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。




オリコントピックス