• ホーム
  • 映画
  • 9回目の正直! 『M-1グランプリ2010』 笑い飯が悲願の王者に

9回目の正直! 『M-1グランプリ2010』 笑い飯が悲願の王者に

 “漫才日本一”を決めるお笑いの祭典『M-1グランプリ2010』決勝戦が26日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、笑い飯が決勝進出9回目にして悲願の王座に輝いた。10回目となる同大会だが、今回が最後の開催。最多決勝出場コンビである笑い飯は過去最多のエントリー4835組の頂点に立つと同時に、“最後のM-1王者”の称号と賞金1000万円を手に入れた。

 王者に輝いた瞬間、2人は喜びと安堵が入り混じった表情を見せた。哲夫は2009年決勝でのネタ“チンポジ”に触れて「やらなくてよかった」と笑いを取り、西田幸治は目に涙を浮かべ「やっとです! やっと獲りました!」と歓喜の声をあげた。

 10年目にして最後の大会となる今年は、カナリアジャルジャル、スリムクラブ、銀シャリナイツ、笑い飯、ハライチピースのほか、同日午後に行われた敗者復活戦で勝ち上がった2009年王者のパンクブーブーが決勝戦に進出。今年初の決勝進出を果たしたスリムクラブが644点を獲得したほか、決勝最多出場の笑い飯と2009年王者のパンクブーブーが668点と同得点を叩き出し、上位3組が進出できる最終決戦に進んだ。

 これまで初代グランプリの中川家を筆頭に、ますだおかだフットボールアワーアンタッチャブルブラックマヨネーズチュートリアルサンドウィッチマンNON STYLE、パンクブーブーが戴冠。優勝と同時に賞金1000万円獲得だけでなく、知名度、注目度が急上昇し、数々の芸人をブレイクさせてきた“お笑い芸人の登竜門”として君臨してきた同大会。今年は司会に今田耕司と上戸彩、審査員は大会委員長の島田をはじめ、松本人志、渡辺正行、中田カウス、南原清隆、宮迫博之、大竹一樹が務めた。

『M-1』決勝進出者インタビュー★笑い飯ら8組が心境&意気込み語る!

◆関連ニュース一覧 お笑いよしもと芸人




オリコントピックス