• ホーム
  • 芸能
  • 女優ミムラが14歳年上指揮者・金聖響氏と“円満”離婚 4年間で終止符

女優ミムラが14歳年上指揮者・金聖響氏と“円満”離婚 4年間で終止符

■その他の写真ニュースはこちら

 女優のミムラ(26)と在日韓国人3世の人気指揮者・金聖響(キム・セイキョウ)氏(40)が今月上旬に離婚していたことが9日、関係者への取材でわかった。女優活動の忙しいミムラと海外で演奏する機会が増えた金がそれぞれ仕事を充実させていくなかで、お互い気を使う関係になったといい、今後、気兼ねなく仕事に没頭していくための前向きな“発展的解消”とみられる。二人の間に子どもはなく、円満離婚で慰謝料なども発生しない。

 二人は2005年公開の映画『この胸いっぱいの愛を』で金が指揮者、ミムラが難病を抱えたバイオリニストとして共演。翌06年5月に写真誌で熱愛が報じられ、同年11月に入籍した。金は昨年11月、ベルギーのフランダース交響楽団主席指揮官に就任、ミムラは来年スタートのNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』に細川ガラシャ役で出演が決まっている。



オリコントピックス