PSP、国内累計販売1500万台突破 発売から5年9ヶ月

■その他の写真ニュースはこちら

 携帯型ゲーム機『プレイステーション・ポータブル』(ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパン)の国内推定累計販売台数が1500万台を突破したことが15日、エンターブレイン調べでわかった。2004年12月12日の発売から約5年9ヶ月で、1500万9120台(PSP go含む)を売り上げた。集計期間は9月12日まで。

 PSP向けソフトの販売本数トップは『モンスターハンターポータブル 2nd G』(カプコン/2008年3月27日発売)の245万3132本で、廉価版を入れると398万4597本となり、約400万本を売り上げている。各ハードの累計販売台数は以下。

■各ハード累計販売台数(集計期間:発売日〜2010年9月12日)
「ニンテンドーDS」(任天堂/2004年12月2日発売) 3103万9215台 ※DS Lite、DSi、DSi LLを含む
「プレイステーション・ポータブル」(SCEJ/2004年12月12日発売) 1500万9120台 ※PSP go含む
「Wii」(任天堂/2006年12月2日発売) 1065万5962台
「プレイステーション3」(SCEJ/2006年11月11日発売) 550万1923台
「Xbox360」(マイクロソフト/2005年12月10日発売) 135万4685台

⇒ 最新のゲーム情報を一覧でチェック



タグ

オリコントピックス