• ホーム
  • 映画
  • 人気コミック『Paradise Kiss』北川景子&向井理で実写映画化

人気コミック『Paradise Kiss』北川景子&向井理で実写映画化

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 『NANA』の原作漫画家・矢沢あいの代表作『Paradise Kiss』が女優・北川景子主演で実写映画化されることが、23日発売のファッション誌『Zipper』10月号(祥伝社)で発表された。北川演じる主人公・早坂紫が、モデルの道を目指し恋に夢に悩みながらも成長していく青春ストーリー。紫が恋に落ちる相手・ジョージ役には、NHK連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』の水木しげる役などで活躍する俳優・向井理が抜擢された。北川と向井は同じ明治大学の出身で、今回が初共演となる。2011年公開予定。

 1999年から4年間、同誌に連載された原作漫画(単行本全5巻)は、2005年にフジテレビの“ノイタミナ”枠でアニメ化された。原作者の矢沢氏自身が服飾学校に通っていたこともあり、同作に登場するジョージらが作ったブランド「パラダイス キス」のオリジナリティあふれる服がどのように実物化されるかも楽しみだ。

 共演は山本裕典五十嵐隼士賀来賢人大政絢加藤夏希の名が上がっているが、配役は後日『Zipper』誌上などで発表される。

◆映画情報 最新ニュースインタビュー バックナンバー



関連写真

  • おしゃれな女の子の恋愛バイブル『パラダイス キス』が北川景子&向井理で実写映画化 
  • 『パラダイス・キス』映画化決定の詳細は雑誌『Zipper』10月号に掲載 

オリコントピックス