アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 女子大生歌手miwa、映画『カラフル』で尾崎豊、THE BLUE HEARTSの名曲をカバー

女子大生歌手miwa、映画『カラフル』で尾崎豊、THE BLUE HEARTSの名曲をカバー

■その他の写真ニュースはこちら

 女子大生シンガー・ソングライターのmiwaが、長編アニメーション映画『カラフル』(原恵一監督、8月21日公開)のイメージソングとして、尾崎豊の「僕が僕であるために」、エンディングテーマとしてTHE BLUE HEARTSの「青空」をカバーしていることが2日、わかった。両曲ともに映画の公開に先駆けて8月中旬に配信限定でリリースされる。

 miwaは1990年生まれ。6月15日に20歳の誕生日を迎えたばかりで、尾崎が10代の時に作った「僕が〜」が、彼女にとって10代最後のレコーディングとなった。同曲はMr.Childrenや中村あゆみもカバーしている名曲だが、爽やかさではmiwaが抜きん出る好印象。今年3月にシングル「don’t cry anymore」でデビューし、6月23日に2ndシングル「リトルガール」をリリースした。身長149cmと小柄だが、愛用するアコースティックギター、ギブソンJ45を抱えて歌う姿と、迫力ある声量の透き通った声のギャップが魅力の新鋭だ。

 映画は直木賞作家・森絵都氏が1998年に発表した同名小説が原作。主人公が、自殺した「小林真」という名の中学生の体を借りて過去に犯した過ちを贖罪し、生きていくことをポジティブに伝える物語。『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!大人帝国の逆襲』(2001年)、『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』(2002年)、 『河童のクゥと夏休み』(2007年)を手がけた原監督の3年ぶりの長編アニメ作品となる。ボイスキャストで麻生久美子宮崎あおい南明奈冨澤風斗、まいける、入江甚儀中尾明慶藤原啓治、高橋克実らが出演する。

miwa『キャラクターがストレートに伝わってくる等身大の最新作!』(10/06/23)

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集



関連写真

  • miwaの爽やかな歌声であの名曲が再び脚光を浴びる 
  • 原恵一監督最新作『カラフル』 (C)2010森絵都/「カラフル」製作委員会 
タグ

オリコントピックス