• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 「ヤバイっすね…」小栗旬、観客の拍手に感涙寸前 初監督作品『シュアリー・サムデイ』完成披露

「ヤバイっすね…」小栗旬、観客の拍手に感涙寸前 初監督作品『シュアリー・サムデイ』完成披露

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・小栗旬が初監督した映画『シュアリー・サムデイ』(7月17日公開)の完成披露試写会が24日夜、東京・新宿ピカデリーであり、上映後にキャストが舞台あいさつに登壇。小栗監督は「ヤバイっすね…初めて実感してきた。弱ったっすね…ハー、よかったです」と言葉にならず、ムロツヨシから「あれ? 監督、(涙があふれて)来ちゃいました?」と茶々を入れられると、首を横に振りながらも、込み上げてくるものを必死に抑えるような素振りをみせた。

 同作は、高校で起きた爆発事故をきっかけに人生を大きく狂わせた同級生5人組が、命まで狙われる事件に巻き込まれていく青春群像劇。舞台あいさつにはほかに主演の俳優・小出恵介勝地涼綾野剛鈴木亮平小西真奈美が登壇し、撮影中のエピソードなどを話した。

 小西にとっての楽しかった思い出は、「いつも共演者と仲良くなるのに時間がかかってしまうので、今回はなるべく自分からみんなに話しかけるようにして、今までで一番共演者とコミュニケーションしたと思う。その甲斐あって、待ち時間にみんながやっていた夏歌メドレーの輪に入れてもらえた時は仲間になれたぁと思えて、嬉しかったです」と振り返った。

 すると、隣で話を聞いていたムロの顔色が変わり、「その遊びやっていない…」と仲間外れになったショックで泣きそうに。今度は小栗監督が「僕もそのゲームやっていないですよ」とフォローし「みんな(出演者)が楽しそうにしているのを端から見ているときは悲しかった。普段自分はあっち側にいるのに、なんで僕はあっちに入れないんだろうって思ったりした。ただ、みなさんがお芝居をしている最中は最高に楽しかった」と初めての監督業を務めながらその胸の内では様々な思いが去来していたことを明かした。

 最後に小栗監督は「長年の夢だった映画作り。素晴らしいキャストとスタッフによって、自分が観たかった映画が作れた。無理に宣伝してとは言わないが、いや無理してでも宣伝をお願いします」と試写会の観客に頭を下げていた。

◆関連ニュース 映画映画インタビュー

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した小栗旬 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した(写真左から)綾野剛、鈴木亮平、勝地涼、小出恵介、ムロツヨシ、小西真奈美、小栗旬監督 (C)ORICON DD inc.  
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇したムロツヨシ (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した綾野剛 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した勝地涼 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した小出恵介 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した小西真奈美 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『シュアリー・サムデイ』の完成披露試写会に登壇した鈴木亮平 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス