ドラマ&映画 カテゴリ

堤真一、自宅練習重ねた手術シーンに自信 〜映画『孤高のメス』会見

現職の医師・大鐘稔彦氏が2007年に発表した医療小説『孤高のメス』が映画化され、主演の堤真一、成島出監督らが26日、都内で記者会見を行った。堤は生体肝移植や肝切除の手術に実際に立ち会い、「オペ室の雰囲気、手術の手順などを教わった。医大生が使う血管の縫い方を練習するキットを家に持ち帰り、練習していました」と話し、映画の最大の見せ場となる手術シーンに自信をのぞかせた。

原作の小説は医師不足、手術ミス、臓器移植、地域医療等、現代の医療制度のタブーを...

この記事の画像

  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した堤真一 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した夏川結衣 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した(左から)イメージソングを担当する馬場俊英、成島出監督、中越典子、夏川結衣、堤真一、吉沢悠、平田満、原作者の大鐘稔彦 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した成島出監督 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した吉沢悠 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した中越典子 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『孤高のメス』完成披露試写舞台あいさつに登壇した平田満 (C)ORICON DD inc. 
タグ

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索