アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • オダジョー×三木聡の『時効警察』コンビが3年ぶり復活! 今夏新ドラマ『熱海の捜査官』

オダジョー×三木聡の『時効警察』コンビが3年ぶり復活! 今夏新ドラマ『熱海の捜査官』

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・オダギリジョーが2006年、2007年に放送された人気ドラマ『時効警察』(テレビ朝日系)シリーズでコンビを組んだ三木聡監督と再びタッグを組み、今夏スタートの新連続ドラマ『熱海の捜査官』(同局系)に主演することが18日、わかった。女子高生消失事件を捜査する国家捜査官を演じるオダギリは「三木監督とまた作業できる事をとても嬉しく思っています。時効警察から3年。三木監督も僕も多少熟成されたのか? 全く違う、新しい作品になるとは思います。今からとても楽しみです」と意気込んでいる。

 『時効警察』は、2006年に深夜ドラマ枠である『金曜ナイトドラマ』枠で第1弾が放送され平均視聴率が10%を超え、2007年の続編『帰ってきた時効警察』では、平均視聴率12%、最終回は13.5%と夜11時台の番組としては異例の高視聴率を記録。時効事件を捜査し、犯人に“誰にも言いませんよカード”を渡すという斬新さと随所に散りばめられたコメディのエッセンスが高い評価を受け、深夜ドラマとしては初となる『ATP賞テレビグランプリ ドラマ部門最優秀賞』を受賞した。そんな名作を手がけたオダギリ×三木の黄金コンビの連続ドラマが3年ぶりに復活する。

 三木はバラエティ番組『トリビアの泉』(フジテレビ系)のブレーンのほか、過去には『ダウンタウンのごっつええ感じ』(同局系)、『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)の構成作家を担当。近年は映画界に進出し、オダギリの出演した『イン・ザ・プール』『転々』や、上野樹里主演の『亀は意外と速く泳ぐ』などの監督・脚本で話題を集めてきた。そんな三木が新作『熱海の捜査官』では、全話の脚本・演出を手がけるという、テレビ史上類を見ない画期的な試みに挑戦する。

『熱海の捜査官』は、スクールバスとともに、美人女子高生4人がこつ然と消失する事件が発生。だが、それから3年後、4人のうち1人が突然姿を現し、事件は新展開を迎えるというミステリードラマだ。失踪事件をきっかけに、のどかな街に暮らす人々の心の闇が次々と明らかになり、オダギリ演じる切れ者で洞察力のある国家捜査官が真相解明に挑んでいく。同局の横地郁英プロデューサーは「オダギリさん、三木監督と、またちょっとおかしなドラマをやろうということになりました。この『熱海の捜査官』には、キテレツな謎と小ネタの罠がいくつも仕掛けられています。一度見たらやめられない、妙な味わいのミステリードラマです」と黄金コンビの復活に自信をのぞかせている。



オリコントピックス

役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019