アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • スキマスイッチがポケモン映画の主題歌を書き下ろし

スキマスイッチがポケモン映画の主題歌を書き下ろし

■その他の写真ニュースはこちら

 夏映画の定番『ピカチュウ・ザ・ムービー』。過去のシリーズ12作品の合計興収が約560億円にも上る国民的アニメ映画の最新作『劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド・パール 幻影の覇者 ゾロアーク』(7月10日公開)の主題歌をスキマスイッチが担当することが8日、わかった。湯山邦彦監督からの「スカッとした曲を」というオーダーを受け、スキマスイッチが書き下ろした新曲「アイスクリーム シンドローム」は、ミディアムテンポのラブソング。メンバーの大橋卓弥は「僕らにとっても新しい作品になったと思います」とその出来栄えに胸を張る。

 4月17日から全国の映画館では、ギネスブックにも認定されるほど人気の特別前売券が発売開始され、主題歌入りの予告上映も解禁される。また、同曲はスキマスイッチの2010年第1弾シングルとしてリリースも決定。『ポケモン』シリーズ13作目の主題歌が、スキマスイッチ13枚目のシングルと重なった偶然に、大橋は「最近ライブとかにも家族で観に来てくれるファンが増えてきているので、僕らの音楽を通して、親も子も楽しんでもらえる機会を頂けたことがすごくうれしいです」。

 歌詞には切ない想いが綴られているが、スキマスイッチの2人は「ぜひ親子で聞いて頂きたい」(大橋)、「親子での会話も広がると思います」(常田真太郎)と“ポケモン”親子にアピール。最新作では、まだ誰も観たことがない新しいポケモン『ゾロア』と幻影を自在に操る『ゾロアーク』が初登場。幻のポケモン『セレビィ』や伝説のポケモン『ライコウ』『エンテイ』『スイクン』が登場するなど盛りだくさんな内容となる。

 湯山監督は「今年のポケモン映画は、未来を見ることができる男と、幻影をつくりだすことができるポケモンとの行き詰るバトルに主人公達が巻き込まれていくという、サスペンスとアクションが満載のものです」と気勢を上げた。

公式サイト

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集


 スキマスイッチ

  • 幸せ満載!主な「結婚・交際」記事(09/01/01)
  • ◆『第2回沖縄国際映画祭』特集
    安室奈美恵がサプライズで登場! 豪華レッドカーペットフォトギャラリー
    注目の作品がズラリ! 上映作品を一覧表でチェック
    『第2回沖縄国際映画祭』関連ニュース一覧


    【2010年公開 映画特集】
    テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
    やってきた? 音楽映画ブーム
    洋画の注目作品が続々と公開

    ◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集




     misono

    オリコントピックス

    役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019