アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 中村俊介、“龍馬ブーム”に沸く長崎で、龍馬ポーズ強要され困惑!?

中村俊介、“龍馬ブーム”に沸く長崎で、龍馬ポーズ強要され困惑!?

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優の中村俊介が5日、主演ドラマ『浅見光彦シリーズ第37弾 長崎殺人事件』(30日放送 フジテレビ系)の記者懇親会に出席した。同作で長崎ロケを行った際、30年ぶりの大雪に見舞われた中村は「何でこんな時に来たの?と町の人から言われました。坂のある町並みやグラバー園がきれいでした」と長崎の景観を振り返る。さらに現在、長崎は空前の龍馬ブームで沸いており、中村は「地元の新聞の記者からこう(腕組み)してくださいとポーズを求められました」と苦笑した。

 今作のヒロインで長崎の老舗のカステラ屋の娘、春香役を演じたのは前田亜季。中村はシリーズ第25弾の『箸墓幻想』(2007年2月放送)で、姉の前田愛と共演しており、「ワイドショーで結婚という報道を見て、驚きました。結婚のそぶりもなかったので……。亜季さんに“お姉さん、ちゃんと料理をやっているの?”と聞いたら“ちゃんとやっていますよ”ということだったので安心しました」と語る。

 中村は第15弾から二代目・浅見光彦として登場しており(第14弾までは榎木孝明)、今作品で23作目。浅見光彦の第37弾はフジテレビでは最多シリーズであり、他局を含めても第3位という。「“浅見光彦が自分になってから30本”をまずは目指したいですね。そして、通算50作を超えることが目標です。原作の浅見光彦シリーズは100作を超えているので、不可能ではないと思います」と決意を明かしていた。

◆関連ニュース ドラマフジテレビ



関連写真

  • ドラマ『浅見光彦シリーズ第37弾 長崎殺人事件』の記者懇親会に出席した中村俊介 
  • ドラマ『浅見光彦シリーズ第37弾 長崎殺人事件』の記者懇親会に出席した中村俊介 

オリコントピックス