• ORICON MUSIC
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • 映画
  • 【米アカデミー賞】日本のイルカ漁をテーマにした『ザ・コーヴ』がドキュメンタリー長編賞受賞

【米アカデミー賞】日本のイルカ漁をテーマにした『ザ・コーヴ』がドキュメンタリー長編賞受賞

■その他の写真ニュースはこちら

 7日(日本時間8日)、米ロサンゼルス・コダックシアターで授賞式が行われた第82回アカデミー賞授賞式で、和歌山県太地町のイルカ漁をテーマにしたドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』(ルイ・シホヨス監督)がドキュメンタリー長編賞受賞した。

 1960年代『フリッパー』の調教師として活躍したリック・オバリー氏が、今やイルカが巨大ビジネスになってしまったことを悔やみ、自らへの自戒を込めて、イルカ保護活動家に転向。

 そのオバリー氏が和歌山県太地町で密かに行われているイルカの追い込み漁の現場に潜入を試みた実録映画。本編ではここで捕獲されるイルカのうち、需要の高いメスのバンドウイルカは1頭あたり1000万円以上の高値で世界各地の水族館へ輸出され、それ以外の大部分のイルカは、食用にするためその場で殺されると伝えている。イルカ漁だけでなく、イルカの水銀問題、イルカ肉偽装など、多くの日本人が知らない問題を次々に明らかにしていく。

 同作は2009年のサンダンス映画祭で観客賞を受賞。すでに世界各国では公開されているが、日本ではようやく初夏に劇場公開されることが決まった。シホヨス監督は、次のようにコメントを寄せている。

 「日本のみなさん、どうかこの映画を観て下さい。水銀値が高い一部の魚介類を食べてきた結果、私自分自身も水銀中毒であることを知りました。映画を観た多くの人々が、予想より高い感覚や知性を持っているイルカの事実を知るでしょう。イルカが子供の食糧やショーに利用されるべきかどうか、自分自身で判断して欲しいのです。この映画には、世界を変える力があるはずです。私にとって本当の意味での賞とは、イルカ漁が止められ、すべてのイルカが解放され、この入り江が、地球で最大の頭脳を持つ生き物の屠殺場から国立公園に戻る日だと思っています」

 なお、WOWOWで生中継された『第82回アカデミー賞授賞式』の様子は、3月8日午後9時よりリピート放送される。

【第82回アカデミー賞関連ニュース】
女性監督初オスカー、米アカデミー賞(10/03/08)
初の元夫婦対決、元妻ビグローがキャメロンをリード (10/03/08)
受賞結果一覧(10/03/08)

【2010年公開 映画特集】
テレビ発“THE MOVIE”作品目白押し
やってきた? 音楽映画ブーム
洋画の注目作品が続々と公開

◆関連ニュース 最新映画情報インタビュー特集

関連写真

  • 『ザ・コーヴ』 (C) OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『ザ・コーヴ』のワンシーン(C) OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. 
  • 『ザ・コーヴ』のワンシーン(C) OCEANIC PRESERVATION SOCIETY. ALL RIGHTS RESERVED. 

オリコントピックス