ドラマ&映画 カテゴリ

テレ東・大江麻理子アナ、共演者から愛されるワケ

■その他の写真ニュースはこちら

 テレビ東京の人気アナウンサー・大江麻理子が出演する番組『麻理子の部屋』が、DVDとして発売された。大江アナの自宅を想定した部屋で可愛らしい動物たちと戯れる姿から、視聴者がさまざまな想像をかき立てるという同番組。このほどORICON STYLEのインタビューに応じた大江アナは「小さい頃からすぐに空想の世界に浸る子供でした(笑)。今も電車に乗ってるときも、ずーっと考えています。ホームで待っている間にネズミなどを見ると、ネズミの生態について考えたり……」と意外な一面を垣間見せた。

 大江アナといえば、報道番組『田勢康弘の週刊ニュース新書』はもちろん、『モヤモヤさまぁ〜ず2』、『出没!アド街ック天国』などのバラエティ番組でも活躍。バラエティ番組に出演する際にも、決して“気品”が損なわれないのが彼女の魅力だ。「まだ入社して年月が浅い時期は、報道とバラエティで、どうやってテンションを変えようとか、カラーを変えなければいけないとか、いろいろと気を使っていたんですけど、最近いたった結論として『変えない』ということになりました。自分を演じてしまったらそれはウソになってしまうと思うので」と自身のスタンスを語る。演じることなく“素”で番組に臨む姿こそ、彼女が支持される要因なのだろう。

 DVD『麻理子の部屋』では、大江アナの“部屋”に犬や猫やサルなど、毎回さまざまな愛らしい動物が訪問し一緒に戯れるというもの。小さい頃から犬を飼っていたという動物好きの大江アナだが、「悪戦苦闘してますね(笑)。ホワ〜っとした、おっとりした子も多くて、一切私の言ってることを理解しないまま帰っていったことも……。でも、そこが凄くいじらしいです!」と瞳を輝かせる。登場する動物たちのナレーションを、同局の後輩である矢内雄一郎アナが担当。大江アナが動物にミルクを飲ませてあげると「麻理子さんのミルクも飲みたいよー」や、ブラッシングをお尻からかけると「お尻からとは麻理子さん大胆だなぁー」など、その内容が“きわどい”。「観てビックリしました。そうきたかーと(笑)。収録時はぜんぜんそういう意図が無かったですから。ナレーションで矢内アナが『麻理子すわぁ〜ん』と……。最後には呼び捨てになって『麻理子』と言われて。どんどん馴れ馴れしくなっていくんですよね。矢内アナも自分を捨てたと言っていました(笑)」と笑顔で振り返る。

 DVDで使用された“部屋”はカラフルな女性らしい部屋だが、実際の大江アナの部屋はというと? 「私の部屋はすごく殺風景なので、女性の部屋ってこんなにカラフルなのかなぁって思いながら撮影していました。寝に帰っているみたいなモノなので、ちょっと私も自分の家も彩り豊かにしようって思いました」。

 現在、さまざまな番組に引っ張りだこで休む暇もない大江アナだが、「休みはあまり無いですが、空想で色々な所を旅しています(笑)。楽しいですね!」と充実した日々を送っている様子。「私、一緒にお仕事する方に恵まれていると思います。愛川欽也さんもさまぁ〜ずさんも田勢康弘さんも、どう来るのか読めないんです(笑)。だから、どの番組も楽しくて仕方ないですね!」。どんな共演者とも自然に絡むことが出来る包容力こそが彼女の最大の武器であり、誰からも愛される理由なのだ。

 DVD『麻理子の部屋』は現在発売中。

【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • ORICON STYLEのインタビューに応じた大江麻理子アナウンサー (C)ORICON DD inc. 
  • ORICON STYLEのインタビューに応じた大江麻理子アナウンサー  (C)ORICON DD inc. 
  • 発売中のDVD『麻理子の部屋』のジャケットと同じポーズをする大江麻理子アナウンサー (C)ORICON DD inc. 
  • ORICON STYLEのインタビューに応じた大江麻理子アナウンサー  (C)ORICON DD inc. 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索