ドラマ&映画 カテゴリ

板尾創路&南こうせつが異色音楽ユニット“板尾こうせつ”結成!

■その他の写真ニュースはこちら

 お笑いタレント・板尾創路と歌手・南こうせつが、異色ユニット“板尾こうせつ”を結成し、デビューシングル「君とボクと」を3月10日に発売することが7日、わかった。同曲は、板尾が初の連ドラ主演を務める新ドラマ『連続ドラマ小説 木下部長とボク』(14日後11:58〜 日本テレビ系)の主題歌として起用される。独特の感性を持つお笑い界の奇才・板尾と、「神田川」など数々の名曲を生んできたフォーク界の大御所の融合により、果たしてどのような楽曲となるのか注目したい。

 “板尾こうせつ”のデビュー曲「君とボクと」は、作曲を南こうせつが務め、作詞には同ドラマの脚本を務める大宮エリーが担当。小さな幸せを気づかされるという同ドラマのテーマに合うアーティストとして板尾側がオファーを出し、こうせつが快く許諾した。

 昨年末にレコーディングが行われ、お互い初対面で最初は緊張気味だったという板尾だが、こうせつの指導の下、「いつの間にか見失っていた“何か”=人生を“そこそこ”ハッピーに変えるヒント」をテーマに同曲は完成した。

 板尾は2008年に「少年B」で歌手デビューを果たし、同年にはロックバンド銀杏BOYZ・峯田和伸プロデュースでミニアルバム『ミュージック』を発売するなど、ミュージシャンとしての活動も精力的に行っている。一方、こうせつといえば、1970年にかぐや姫としてデビューし「神田川」、「赤ちょうちん」、「妹」など数々のヒット曲を連発。ソロとしても精力的に活動し、現在も多くのファンから支持されるフォーク界の大御所。今後は“板尾こうせつ”として、2人で歌番組にも出演が予定されているという。



ドラマ特集『2009年“おもしろかったドラマ”TOP10を発表!!』


 南こうせつ南こうせつとかぐや姫

関連写真

  • (左から)板尾創路、南こうせつ 
  • レコーディングの模様 

オリコントピックス

メニューを閉じる