ドラマ&映画 カテゴリ

人気コミック『大奥』、時代劇初挑戦の嵐・二宮和也&柴咲コウで映画化

■その他の写真ニュースはこちら

 漫画家・よしながふみ の人気コミック『大奥』が、二宮和也主演で映画化されることがわかった。謎の疫病により、男の人口が激減し、男女の役割が逆転した“江戸の大奥”を舞台に、1人の女将軍に3000人の美男が仕える世界に渦巻くドラマを描く。二宮演じる武士・水野祐之進が仕える女将軍・徳川吉宗役には柴咲コウがキャスティングされた。二宮と柴咲は初共演で、ともに本格時代劇初挑戦。髷(まげ)を結うのも殺陣も初めての二宮は「初の時代劇に、初共演と初モノづくしな印象です。新鮮な気持ちで取り組み、新たな形の時代劇が出来上がる様に、出演者とスタッフで丁寧に作っていきたい。しかし、男女逆転大奥とは……。斬新だなぁ」とコメント。柴咲も「どんな映画になるのか楽しみです」と期待を膨らませている。

 原作は漫画雑誌『メロディ』(白泉社)にて連載中。<男女の役割が逆転した江戸の大奥>という斬新な設定が人気を集め、2009年度第13回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞した。今回、コミック第1巻収録の<水野・吉宗編>の実写映画化に至っては、20数社が映画化権を争った。

 二宮扮する水野は、困窮した旗本である家を救うため、身分違いの幼馴染への恋を忘れるため、大奥にあがることを決意。男女の役割が逆転した大奥で、ただ一人、武士道を追い求め、剣の腕と才覚でのし上がっていく。一方、柴咲扮する女将軍・吉宗は、大奥の男たちの運命を握る絶対的な権力者であり、果敢に幕府の財政改革に挑む。

 柴咲は原作コミックを読んで、「男女が逆転した世間の描き方に妙に説得力があったし、現代までに通ずる女性の芯の強さがより濃く感じられた」と感想を述べ、吉宗役を演じるに当たっては「持ち前の意志のハッキリしたところや一本気な性格を活かしつつ、役の根底にある魂の熱みたいなものを、作品の世界観と共に享受できたら、と思います。本格時代劇は初となりますが、自分の好む“和”の世界に浸りつつも新しいものが出せれば」と意気込んだ。

 演出は映画『木更津キャッツアイ』やTVドラマ『流星の絆』等を手がけた金子文紀監督が務める。数多の美男がかしずく大奥の間に、女将軍が登場する“総触れ(そうぶれ)”、水野と吉宗の一夜となる“夜伽(よとぎ)”など、原作の名シーンがどのように映像化されるのか注目される。来年4月から撮影に入り、10月1日に公開予定。



『大奥』実写映画化決定、特報映像到着

最新「映画」関連ニュース一覧はこちら

年末特集:写真で振り返る、2009年来日映画スターを総ざらい


 柴咲コウ

関連写真

  • 二宮和也&柴咲コウで人気コミック『大奥』が映画化 (c)よしながふみ/白泉社 
  • 二宮和也演じる水野の原画 (c)よしながふみ/白泉社 
  • 柴咲コウ演じる吉宗の原画 (c)よしながふみ/白泉社 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索