第52回グラミー賞“レコード・オブ・ザ・イヤー”候補にビヨンセ、テイラー・スウィフト、レディー・ガガら

米音楽業界最大の祭典『第52回グラミー賞』のノミネーション・コンサートが米ロサンゼルスで3日(日本時間)に行われ、レコード・オブ・ザ・イヤーには、ビヨンセ「Halo」、ブラック・アイド・ピーズ「I Gotta Feeling」、キングス・オブ・レオン「Use Somebody」、レディー・ガガ「Poker Face」、テイラー・スウィフト「You Belong With Me」が選ばれた。ビヨンセの最多10部門のノミネートに続いたのは19歳のシンガー・ソングライターのスウィフトで8部門。ルックスのよさもともなって注目度が高まっている若き才能との呼び声も高い。なお、邦人では受賞歴のあるアーティスト・喜多郎が13回目のノミネートとなった。来年2010年2月には『第52回グラミー賞授賞式』が行われる。

「Poker Face」でレコード・オブ・ザ・イヤーにノミネートされたレディー...

この記事の画像

  • 19歳にしてグラミー8部門ノミネートのテイラー・スウィフト(by Anthony Joseph Baker) 
  • レディー・ガガ(photo by Aaron Fallon) 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索