アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 米アカデミー賞候補の3Dアニメ映画で榮倉奈々が声優デビュー

米アカデミー賞候補の3Dアニメ映画で榮倉奈々が声優デビュー

女優・榮倉奈々が来年2月公開の米3Dアニメ映画『コララインとボタンの魔女 3D』(ヘンリー・セリック監督)で声優デビューすることが13日、わかった。同作は英作家、ニール・ゲイマンの児童書の映画化で、パラレルワールドに迷いこんだ主人公が、本当の両親を取り戻すため魔女と対決する冒険ファンタジー。オリジナル版で人気子役ダコタ・ファニングが担当した主人公・コララインの声を演じる榮倉は、「経験がなく、未知の世界ではありますが、私もコララインの世界に飛び込んで、ドキドキワクワクしたいと思います」と心境を語っている。

「幼い時からアニメーションの作品が大好きで、ビデオを買ってもらっては...

この記事の画像

  • 意外にも声優初挑戦の榮倉奈々 
  • 戸田恵子と劇団ひとりの起用も決定。榮倉を力強くサポートする 
  • 来年2月公開映画『コララインとボタンの魔女 3D』の主人公・コラライン (C) Focus features and other respective production studios and distributors. 

オリコントピックス