• ホーム
  • 映画
  • 仲里依紗、青春映画の“金字塔”『時をかける少女』舞台あいさつ 大作に「プレッシャーあった」

仲里依紗、青春映画の“金字塔”『時をかける少女』舞台あいさつ 大作に「プレッシャーあった」

女優・仲里依紗らが11日、都内で映画『時をかける少女』(2010年3月公開)の完成披露試写会で舞台あいさつを行った。青春映画の“金字塔”とも言われる作品で、今回が実写とアニメあわせて4度目の映画化。12年ぶりに実写版として復活した同作で主演した仲は、2006年公開のアニメ版で声優を務めた当時を「この作品に出会ってよかったし、それまで嫌いだった自分の声が好きになった」と振り返る一方、今回の実写版主演には「不安でプレッシャーもあった。一生懸命やるしかないと思いました」と感想を語った。

仲は、70年代にタイムスリップした際に出会う大学生役を演じる俳優・中尾明慶の髪型を「昔の明石家さ...

この記事の画像

  • 映画『時をかける少女』の完成披露試写会に出席した仲里依紗 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『時をかける少女』の完成披露試写会に出席した中尾明慶 (C)ORICON DD inc. 
  • 映画『時をかける少女』の完成披露試写会に出席した、(左から)谷口正晃監督、仲里依紗、中尾明慶 (C)ORICON DD inc. 

提供元: career

オリコントピックス