ドラマ&映画 カテゴリ

菊地凛子、『ライアーゲーム2』で8年ぶりの連ドラ出演

■その他の写真ニュースはこちら

 女優・菊地凛子が、戸田恵梨香&松田翔太出演の人気ドラマシリーズ『ライアーゲーム シーズン2』(11月10日スタート フジテレビ系)にレギュラー出演することが7日、同局より発表された。菊地の連ドラ出演へのレギュラー出演は2001年放送のNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』以来8年ぶり。菊地は「また新しい経験ができると思うとワクワクします。どういった頭脳戦が繰り広げられるのか、今から撮影が楽しみです」と語っている。

 同作は、同名タイトルの漫画を原作に2007年4月に第1作が放送。平凡な女子大生である神崎直(戸田)の元に、ある日LGT(ライアーゲームトーナメント)事務局から現金1億円と、黒い封筒が届き、謎のゲーム「ライアーゲーム」に参加することに。善良でお人よしな神崎に天才詐欺師、秋山深一(松田)が救いの手を差し伸べ、金と欲望に彩られた数々のゲームに挑んでゆく。主人公の魅力はもちろん、各ゲームでの勝敗を決めるトリックや嘘(ライアー)による心理学・ゲーム理論が、スタイリッシュな映像・音楽と共に多くの話題を作り出した。

 今回菊地が演じるのは、松田演じる元・天才詐欺師、秋山深一の元同級生・帝都大学心理学科の史上最年少教授、葛城リョウ役。葛城はかつて秋山を破ったことのある唯一の存在。原作にはない『シーズン2』のオリジナルの登場人物だ。菊地も「葛城がどうやって松田さん演じる秋山深一と戦って行くのかを楽しみながら演じていきたいと思います」と撮影が楽しみな様子。

 菊地と言えば、主に映画界を中心に活躍する女優という印象が強い。2007年に映画『バベル』で米アカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことも記憶に新しい。同作のプロデューサーを務める東康之氏は「ナオ(戸田)と秋山(松田)にテレビをご覧の皆様もびっくりするような『最強の敵』をぶつけたいと思いました。そこでまっさきに浮かんだのが、アカデミー女優で世界を相手にしている菊地凛子さんでした。彼女も加わったこの“最強ライアーチーム”で、われわれも世界に挑みます!」と自信をのぞかせる。

 昨年放送の『シーズン1』は、後11時台の放送でありながら、平均視聴率11.9%と好視聴率を記録。先ごろ発表された『秋ドラマ期待度ランキング』(オリコン調べ)でも、並み居る競合を押さえ、見事1位を獲得している。今回の『シーズン2』のほかに、来年には劇場版の公開も控えており、その人気は今後もますます勢いを増していきそうだ。

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索