アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』新ヒロインの詳細が明らかに

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』新ヒロインの詳細が明らかに

■その他の写真はこちら

 公開が間近に迫った劇場版アニメ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(6月27日公開)に登場する新ヒロイン・マリの詳細が、18日より配布された公式フリーペーパー「EVA-EXTRA」第1号で明らかになった。フルネームは、真希波・マリ・イラストリアスであること。さらに声優を坂本真綾が務めることも併せて発表された。

 新ヒロイン・マリは、07年9月公開の前作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の最後に放映されていた『破』の予告に、ナゾの“メガネ少女”として登場。公式デフォルメシリーズ『ぷちえう゛ぁ』のゲーム版で名前が“マリ”だと判明する中、TVアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をベースに完全新作として制作される『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズにおいて、現在のところ唯一の新キャラクターであり、ファンの間ではその配役に注目が高まっていた。

 注目のマリ役の声優に抜擢されたのは、29歳ながら8歳から声優の経験があるキャリア20年の坂本。アニメ『天空のエスカフローネ』のヒロイン・神崎ひとみ役で注目を集め、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』のルナマリア・ホーク役、『桜蘭高校ホスト部』の主人公・藤岡ハルヒ役、09年発売予定のゲーム『ファイナルファンタジーXIII』(スクウェア・エニックス)の主人公・ライトニング役の声を担当。また、歌手活動も行い、ミュージカル『レ・ミゼラブル』にもエポニーヌ役で女優として出演するなど、多方面で活躍している。

 今回の劇場版最新作では、ヒロインの1人である惣流・アスカ・ラングレーが式波・アスカ・ラングレーに“改名”。もう1人のヒロイン・綾波レイと共に綾波、式波、真希波の“波”を冠した3人の少女が主人公・碇シンジと共に、正体不明の敵・使徒との戦いに身を投じていくこととなる。





オリコントピックス