ドラマ&映画 カテゴリ

木村祐一監督、長編映画初挑戦で“キム兄節”炸裂させ感涙

■その他の写真はこちら

 お笑いタレントの木村祐一が長編作品を初監督した映画『ニセ札』(4月公開)のプレミア試写会が9日(月)、都内で行われ、木村監督をはじめ倍賞美津子青木崇高インパルス板倉俊之らキャスト陣が舞台あいさつに登壇した。直前の会見では、監督業を「今後、癖にならせて頂いたらこんな幸せなことはない。三池(崇史)さんや堤(幸彦)さんら他の監督は難しい顔をしてるが(楽しみを)隠してるだけ」と表現し、舞台では公開直前までこぎつけたことに感極まり、涙をみせた。

 これまで役者として映画出演経験がある木村監督は「監督という看板を掲げていないのに、よくオファーがきた。僕は時々、蕎麦屋でチャーハンを注文するが、まさに今回も“裏メニュー”的発注ですね」と自らの抜擢にニンマリ。現場では、ネーム入りのチェアも準備されたが、自らも出演したことで「演技しながら『スタート!』『カット!』って言うなんて、コントを撮っているみたい」と撮影現場を振り返った。

 会見では「オスカーでもラスカルでも何でも狙う。でも『お〜スカ!(な映画)』はいらないよ」とダジャレを交えながらヒットを祈願。イベントの最後には作品のタイトルに引っ掛け、お札のあぶらとり紙を上から降らせるサプライズ演出もみられた。



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画「ニセ札」の舞台あいさつ前にインタビューに応じた木村祐一 
  • 映画「ニセ札」の舞台あいさつ前のインタビューに応じた(左から)青木崇高、倍賞美津子、木村祐一、西方凌、板倉俊之(インパルス) 
  • 大量の“お札風あぶらとり紙”をばらまいたキャスト陣 
  • 倍賞美津子 
  • 青木崇高 
  • 板倉俊之(インパルス) 
  • 西方凌 

オリコントピックス

あなたにおすすめの記事

メニューを閉じる

 を検索