アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 妻夫木聡、主演作『感染列島』ヒットで『20世紀少年』をチクリ

妻夫木聡、主演作『感染列島』ヒットで『20世紀少年』をチクリ

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優・妻夫木聡が11日(水)、都内で主演映画『感染列島』の観客動員100万人突破を記念した舞台挨拶に登壇した。先月17日の公開からこれまでに117万人を動員、興行収入は14億7000万円を記録。舞台上で「『20世紀少年』を捨ててきていただき嬉しいです」と冗談めかしてあいさつした。

 これまに発表されているアジア8ヶ国に加え、今月26日より韓国の150スクリーンでも上映が決定したことに妻夫木は「本当に“カムサハムニダ”(ありがとう)ですよね」。さらに、現時点で2社のハリウッドのメジャー映画製作会社からリメイク権が競合していることも明かされ、瀬々敬久監督からは「リメイク版の監督はスピルバーグ、キャストはラッセル・クロー、モーガン・フリーマンだけど主演はやっぱり彼だよ!」と突っ込まれ「あり得ないでしょ〜」と苦笑いした。

 ヒット作に恵まれたことを感謝しつつ「命について考え直すいい機会だった。皆さんも、人として(緊急時に)どうあるべきか考えるきっかけにしてください」とメッセージを送った。またこの日は、抽選で選ばれたファンへ特製マスクを自ら装着。「人にマスクをつけるのは初めて。緊張して手が震えました」と照れていた。



■気になるアノ人は?『人気者チェック!』
■今、気になる話題『月間注目ニュースランキング』
■人気グラビアアイドルの映像が満載(無料動画)



【写真】その他の写真を見る


関連写真

  • 映画「感染列島」動員100万人突破大ヒットの舞台あいさつを行った妻夫木聡 
  • 映画「感染列島」動員100万人突破大ヒットの舞台あいさつを行った妻夫木聡 
  • 観客に特製のマスクをつける妻夫木 
  • 瀬々敬久監督 

オリコントピックス