アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 映画
  • 妻夫木聡、待望の主演作公開初日も苦笑い

妻夫木聡、待望の主演作公開初日も苦笑い

■その他の写真はこちら

 俳優の妻夫木聡が17日(土)、都内で行われた主演映画『感染列島』の初日舞台あいさつに登壇した。作品にちなんで“世界最大”というマスクが用意されたが、妻夫木は「意外と小さい。ギネスに申請するっていうからすごいのかなと思ったらそうでもない…」とピンとこない様子で、司会者からは締めのあいさつでムチャ振りされるなど苦笑いだった。

 ウイルスの爆発的感染による人々のパニックを描いた同作は、昨年3月から6月にかけて撮影。初日まで積極的に全国をPRで回ってきた妻夫木は「(ついに)初日がきてしまったなーって、嬉しいようで子供が巣立っていくような寂しい気持ちもあります」と感慨深げな様子。今回のPRイベント恒例となった、カンニング竹山への防護服スタッフによるCO2噴射の“竹山除菌”も行われ、キレる竹山を横目にダンテ・カーヴァーは「ヤバイ」と竹山の芸人魂に関心しきりだった。

 イベントの最後に司会から「主演の妻夫木さん、締めのあいさつをお願いします」と唐突に振られた妻夫木は「やろうにもキッカケが…」と苦笑いしていた。

 舞台あいさつにはほかに檀れい、藤竜也、国仲涼子瀬々敬久監督が出席。




 国仲涼子


■気になるアノ人は?
『人気者チェック!』
■今、気になる話題『月間注目ニュースランキング』
■人気グラビアアイドルの映像が満載(無料動画)

関連写真

  • 妻夫木聡と檀れい 
  • カンニング竹山を“除菌”した 
  • キャスト陣 

オリコントピックス