朝青龍が学ラン姿で中学1年生を熱演

■その他の写真ニュースはこちら

 第68代横綱の朝青龍が、炭酸飲料『ファンタ』(日本コカ・コーラ)の新CMで、モンゴルからやってきた中学1年生の留学生“ファン太郎”に扮し、コミカルな演技を披露している。同CMはこれまでのユニークな世界観を継承しており、今後のシリーズ展開も注目を集めそうだ。

 その巨体と鋭い目つき、大きな態度から、転入初日の挨拶で生徒を始め先生にまでも逃げられてしまう“ファン太郎”は、その厳つい容姿とは裏腹に優しくピュアなハートの持ち主。本当は仲間を大事にする性格なのにもかかわらず、理解してもらえずに落ち込む様子などを、朝青龍が熱演しているのが見どころのひとつ。

 昨今の健康ブームのなか、炭酸飲料はマイナスイメージを持たれがちだが、同商品は「合成着色料不使用」「ビタミンCを多く配合」「純水使用」が持ち味。そこで「見た目や先入観で(商品を)判断しないで!」という思いを訴えるべく、一般的に世間に抱かれているイメージと実像にギャップがあるCMキャラクターを求めた結果、このほど朝青龍に白羽の矢が立った。

 撮影当初は、朝青龍の大きさと迫力に目をみはっていた生徒達も、徐々に打ち解け、朝青龍と相撲をとるなどリラックスした現場となった。撮影後には「中学生のころから体が大きくて、ガキ大将でやんちゃしてたりしたよ」と思い出を振り返った朝青龍は、「好きな子への告白とかは得意じゃなくて出来なかった」とこっそり打ち明ける一幕も。日頃のイメージとの“ギャップ”をうかがわせ、その場を和ませていた。

 新CM第1弾『ファン太郎が行く 登場』編が14日(水)より放映、第2弾『ファン太郎が行く 廊下』編が2月上旬より放映予定となっている。



関連写真

  • CMで“ファン太郎”を演じる朝青龍 
  • CMで“ファン太郎”を演じる朝青龍 
  • CMで“ファン太郎”を演じる朝青龍 

オリコントピックス