ドラマ&映画 カテゴリ

蒼井優、初の紀行番組で南米アマゾン1万5000キロの旅

■その他の写真はこちら

 女優の蒼井優と俳優の大沢たかおが、紀行ドキュメンタリー番組『天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜』(テレビ朝日系)で南米アマゾンのギアナ高地を旅していたことが5日(金)わかった。紀行番組初出演となる蒼井は「自分の脳みその小ささにびっくりしました」と、大自然が創りだした神秘的な風景に深い感銘を受けたようだ。

 今回2人が目指すのは、南米アマゾンのギアナ高地にある“生命の樹”と呼ばれる山アウタナ・テプイ。天からカヌーに乗って人間が降り立ったとされる人類創世の伝説の場所である地に向け、蒼井と大沢は北と南2つのルートに別れ1万5000キロに渡って旅をした。

 蒼井の旅の始まりは、世界で1番白い砂浜と言われるレンソイスから。キラキラと輝く幻想的な砂浜に大感動の蒼井。次に向かった“化石の村”サンタナでは、現地に滞在していた研究チームに同行し化石堀りを初体験。なんと貴重な翼竜の化石を掘り当てる、引きの強さを見せた。さらに密林で暮らす先住民族のもとを訪ね、その暮らしぶりを体感した蒼井は「生まれて初めて地球の大きな“うねり”の中での今っていうところで生きてるんだなと感じました」と振り返った。

 北ルートのベネズエラから“生命の樹”を目指した大沢は、途中訪れたカナイマの滝で風速20メートルの水しぶきのなか、滝の裏に潜入。さらにギアナの最高峰、標高2800メートルのロライマ山脈では、原始のままの登山ルートを自らの足で登る過酷なロケを敢行した。大沢は「恐竜が飛んできそうな気がした……足がすくんだ」と苦笑する。

 それぞれが訪れた地で、さまざまな経験を積み、ついに“約束の地”アウタナ・テプイで再会した2人。旅を終えた蒼井は「日本でもいろんな伝統文化が失われていってることも思い出されたし、この、今何十分間で受けたものがものすごく大きくて、本当に感謝してます……」と自身の成長にとって、かけがえのない経験だったことを明かしていた。

 ドキュメンタリー番組『天空のロストワールド〜南米アマゾン・ギアナ高地 地球創世の記憶〜』は、22日(月)後7時よりテレビ朝日系にて放送。



関連写真

  • 初の紀行番組で南米を訪れた蒼井優 
  • 標高2800メートルのロライマ山脈に登頂した大沢たかお 
  • アウタナ・テプイで再会した蒼井と大沢 

オリコントピックス

メニューを閉じる

 を検索